1. ヘッダーへジャンプ
  2. サイト内メニューへジャンプ
  3. コンテンツへジャンプ
  4. フッターへジャンプ
-->
  • ジャンル
  • フリーワード
  • サイト内検索


J SPORTSサイトメニュー
  1. 野球
  2. サッカー・フットサル
  3. ラグビー
  4. サイクルロードレース
  5. モータースポーツ
  6. 格闘技
  7. バスケットボール
  8. スキー
  9. フィギュアスケート
  10. 卓球
  11. バドミントン
  12. 20周年
  13. その他

ラグビー愛好日記


October 7, 2017 6:32 PM /

トップリーグ2017-08第7節・土曜の結果

10月7日は秩父宮ラグビー場にいた。JSPORTSで2試合を解説。朝まで降っていた雨は、試合の途中であがった。第2試合のハーフタイムには、東日本大震災復興プロジェクト「ダンスで日本を元気に!夢の課外授業 中学生RisingSun Project2017」が行われ、EXILEのUSAさんと、TETSUYAさん、宮城県と東京都渋谷区の中学生約300名がフィールドで元気に踊った。

第1試合は、サントリーサンゴリアスが宗像サニックスブルースを圧倒した。前半なかばまでは宗像サニックスも粘ってディフェンスしていたのだが、2人のシンビン(一時退場)で13人の時間帯があり、2トライを奪われて流れはサントリーに。サントリーは、後半、交代出場のFLツイ ヘンドリック、WTB松井千士らが次々にトライをあげ、45-0という完勝だった。マン・オブ・ザ・マッチは、先発のWTB中鶴隆彰に代わって出場し、抜群のスピードでチャンスを作り、自らも2トライをあげた松井千士。

第2試合のNTTダービーは拮抗した内容になった。NTTドコモレッドハリケーンズはLOヴィンピー・ファンデルヴァルト、FL秦啓祐、土屋鷹一郎らを軸に激しく前に出て、NTTコミュニケーションズシャイニングアークスに圧力をかけ、多くのミスを誘った。6-7と、NTTコムにリードを許した前半終了間際には、自陣深くでLOイオンギ譲が相手ボールを奪い、この日がドコモでの初出場となるNO8ライアン・カンコウスキーが約70mを独走してトライ。FBリアン・フィルヨーンがゴールを決めて、13-7とリードで折り返した。

後半はNTTコムが攻撃力を発揮し始める。6分、FL鶴谷昌隆が左コーナーにトライすると、18分、ドコモボールのラインアウトをスチールして連続攻撃を仕掛け、SH三井勇人、SO小倉順平の絶妙のタイミングでのパスが続いて、CTBシェーン・ゲイツがトライ。13-19と逆転し、その後、点の取り合いを制して逃げ切った。しかし、勝ったNTTコムのロブ・ペニーヘッドコーチは不満げな表情だった。「勝ったことは良かったが、ミスが多すぎる。チームのポテンシャルが高いと思っているからこそ、フラストレーションがたまりました」。一方のNTTドコモの首脳陣もチャンスでのミスの多さを嘆き、キャプテン代行のフィルヨーンは「負けたのではなく、勝てなかったと感じている」と悔しさをにじませていた。

他会場も含め、結果は以下の通り。キヤノンイーグルスが神戸製鋼コベルコスティーラーズを破って今季2勝目をあげている。

■試合結果
◇東京・秩父宮ラグビー場
サントリーサンゴリアス○45-0●宗像サニックスブルース
NTTコミュニケーションズシャイニングアークス○27-18●NTTドコモレッドハリケーンズ
◇埼玉・熊谷スポーツ文化公園陸上競技場
キヤノンイーグルス○31-26●神戸製鋼コベルコスティーラーズ
パナソニック ワイルドナイツ○32-3●豊田自動織機シャトルズ
◇岩手・いわぎんスタジアム
リコーブラックラムズ●6-12○トヨタ自動車ヴェルブリッツ
◇奈良・天理親里ラグビー場
近鉄ライナーズ●14-28○クボタスピアーズ
◇長崎・長崎市総合運動公園かきどまり陸上競技場
コカ・コーラレッドスパークス●24-33○東芝ブレイブルーパス

  • このエントリーをはてなブックマークに追加



J SPORTS オンデマンド

J SPORTS

プロフィール

プロフィール写真【村上晃一】
京都府立鴨沂高校→大阪体育大学。現役時代のポジションは、CTB/FB。1986年度西日本学生代表として東西対抗に出場。87年4月ベースボール・マガジン社入社、ラグビーマガジン編集部に勤務。90年6月より97年2月まで同誌編集長。出版局を経て98年6月退社し、フリーランスの編集者、記者として活動。ラグビーマガジン、ナンバー(文藝春秋)などにラグビーについて寄稿。J SPORTSのラグビー解説も98年より継続中。1999年から2015年の5回のラグビーワールドカップで現地よりコメンテーターを務めた。著書に「ラグビー愛好日記トークライブ集」(ベースボール・マガジン社)3巻、「仲間を信じて」(岩波ジュニア新書)、「空飛ぶウイング」(洋泉社)などがある。

このブログのRSSを購読する

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

最近のエントリー


カテゴリー


アーカイブ

カレンダー
SUN MON TUE WED THU FRI SAT
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30    
select month...

お知らせ

当サイトのセキュリティ強化の為、ブログコメント欄を閉鎖する事となりました。
ご不便をおかけして大変申し訳ございません。



視聴方法

視聴方法
J SPORTSは、スカパー!、全国のケーブルテレビなどでご覧頂けます。

詳しい視聴方法はこちら






本サイトで使用している文章・画像等の無断での複製・転載を禁止します。
Copyright© 2003 - 2017 J SPORTS Corporation All Rights Reserved. No reproduction or republication without written permission.