ヴィンピー・ファンデルヴァルト

NDS(ナショナル・デベロップメント・スコッド)選手紹介

ヴィンピー・ファンデルヴァルト

ヴィンピー・ファンデルヴァルト

Wimpie VANDERWALT

  • 生年月日

    1989年1月6日

  • 出身

    南アフリカ

  • 所属

    NTTドコモレッドハリケーンズ

  • ポジション

    LO(ロック)

  • 身長/体重

    188cm/112kg

  • 主な経歴

    ネルスプロイト高校→キングス、ブルズ

  • 日本代表キャップ

    18 ※2019年ワールドカップ日本代表
    ※2022年6月1日時点

  • ツイッター / インスタグラム

    @wimpievdwalt / @wimpievdwalt

激しいプレーが持ち味の南ア出身のバックファイブ

ラグビーは7歳から始め、南アフリカのウェスタンプロヴィンスなどでプレーし、2012年イタリアでのプレーを経て、2013年はキングス、2014年はブルズでもプレーした。2013年からNTTドコモレッドハリケーンズにも在籍し、3年居住の条件をクリアした2017年に日本代表に選出。オーストラリア代表戦で初キャップを獲得し、2018年はサンウルブズでもプレーした。

スーパーラグビーの経験も豊富で、複数ポジションでプレーが可能という長所もあり、日本代表でも大きな戦力となり、2019年ワールドカップのスコッドにも選出された。接点での強さ、真面目なプレーぶりは日本代表ジェイミー・ジョセフ HC(ヘッドコーチ)からの評価も高く、ワールドカップでもチームのために献身的な姿を見せた。

2019年ワールドカップ後に股関節の手術をしたが、昨季のトップリーグでは8試合に先発出場し、NTTドコモ初のベスト8進出に寄与した。日本代表にも引き続き選出され、ブリティッシュ&アイリッシュ・ライオンズ戦、アイルランド代表戦に先発。しかし、秋の日本代表合宿初日にケガをしてしまい離脱した。今年4月に復帰し、リーグワン初年度には2試合出場した。

金髪の長髪がトレードマークだ。2019年ワールドカップ日本代表では、主にLOとしてプレーしたが、もともとはFL(フランカー)や、NO8(ナンバーエイト)が本職だ。リーチらと同世代でありすでにベテラン選手であるが、豊富な経験とともにセットプレー、接点でチームの勝利に貢献する。

◆趣味はゴルフや旅行、南アフリカではハンティングもしている。奥さんとも奈良公園や南紀白浜に旅行にも行った。母親も熱狂的に息子をサポートしており、2019年ワールドカップ時は日本まで応援に来たほど。2019年に長女、2020年末に次女が誕生。ラグビーをしていなかったら農家になっていたそうで、将来は農場を経営したいという。大阪の観光大使も務めていたほど大阪が好き。愛称は「ヴィンピー」「ヴィンちゃん」。

TEXT by 斉藤健仁
© JRFU

QUESTION

  • Q.リフレッシュ方法は?

    南アフリカの農場で家族と過ごす

  • Q.座右の銘

    ハードワークは夢を叶える

  • Q.練習や試合後に食べたくなるもの

    寿司

  • Q.毎日のように自宅でしているトレーニング

    娘2人を公園へ連れて行き、一緒に遊ぶ。心斎橋でランチ。

  • Q.ラグビー以外に経験したスポーツ

    レスリング

  • Q.洋服のサイズ

    XL

  • Q.洋服は既製品?オーダー?どちらですか?

    既製品

  • Q.よく連絡を取りあう選手は?

    チームメイトのほぼ全員

  • Q.日本語は話せますか?

    少しだけ

  • Q.コロナが終わったら行ってみたい所

    ギリシャ??

  • Q.日本代表戦に向けてファンへ一言

    応援ありがとうございます。我々はハードワークを積み、最高のチームを打ち破りたいと思っています。

ご視聴方法

smartphone PC TV

オンデマンドで見るなら

いつでもどこでも視聴できる!

詳細はこちら

※配信コンテンツは放送番組とは異なります。配信予定をご確認ください

TV

衛星放送・ケーブルTVで見るなら

今すぐ!30分で視聴できる!

詳細はこちら

アンテナ不要、ネットや電気とまとめてお得

詳細はこちら

※ご加入されるセット、パックによってJ SPORTS全4チャンネルをご視聴いただけない場合があります