ゲラード・ファンデンヒーファー

日本代表選手紹介

ゲラード・ファンデンヒーファー

ゲラード・ファンデンヒーファー

Gerhard Van Den HEEVER

  • 生年月日

    1989年4月13日

  • 出身

    南アフリカ

  • 所属

    クボタスピアーズ

  • ポジション

    WTB(ウィング)/FB(フルバック)

  • 身長/体重

    192cm/102kg

  • 主な経歴

    プレトリア大学→ブルズ、ストーマーズ、マンスター、ヤマハ発動機

  • 日本代表キャップ

    0
    ※2021年5月31日現在

ロングキックとランが魅力の経験豊富な大型WTB

192cmと身長は大きいが俊足を武器とし、ロングキッカーとしても定評があるバックスリー。国際経験も豊富で、今年はクボタではWTBとしてプレーし、ベスト4進出に貢献。3年居住の条件をクリアして日本代表入りも果たした。

ラグビーは親の影響で6歳くらいから始めて、高校時代は陸上でハードルもやっていたとのこと。学生時代はセブンズでもプレー経験があり、2010年、元南アフリカ代表WTBブライアン・ハバナの代わりにブルズに加入し、スーパーラグビーの優勝に貢献した。

その後、2012年から2シーズンはストーマーズでプレーし、2013年秋からはアイルランドのマンスターでもプレー。そして、2016年から2年間はヤマハ発動機でプレーした。特に2016年はフランスのトゥーロンに移籍した元日本代表FB(フルバック)五郎丸歩に代わり、FBとしてもキッカーとしても活躍。2016-17シーズンは得点ランキング2位となる171得点を挙げる活躍を見せた。

また、2018-19シーズンはサンウルブズでもプレー。2018年からはクボタでプレーし、時折キッカーとしてもプレースキックを蹴るなど、今季のクボタのベスト4入りに貢献した。ハイボールキャッチ、ロングキック、力強いランで日本代表でも存在感を示したい。

◆寿司はマグロとサーモンが好き。うどんも好きで、和牛も大好物。趣味はハンティングで、さすがに日本ではやったことがないという。愛称は「シャドー」だ。若い時、同じ名前の親友がおり、その友人に「シャドー」(分身)と呼ばれ始めたことがきっかけ。

TEXT by 斉藤健仁
© JRFU

QUESTION

  • Q.リフレッシュ方法は?

    ゴルフをプレー

  • Q.座右の銘

    昨日より楽な日はない

  • Q.練習や試合後に食べたくなるもの

    アイスクリーム

  • Q.毎日のように自宅でしているトレーニング

    5-10kmのリカバリーラン

  • Q.ラグビー以外に経験したスポーツ

    陸上競技、クリケット、ボーリング

  • Q.洋服のサイズ

    4L

  • Q.洋服は既製品?オーダー?どちらですか?

    既製品

  • Q.よく連絡を取りあう選手は?

    少なくとも、以前、そして現在プレーする選手や対戦する選手の何人か

  • Q.日本語は話せますか?

    少ししか話せない

  • Q.コロナが終わったら行ってみたい所

    モルディブ

  • Q.モテキはいつでしたか?

    なし

  • Q.日本代表戦に向けてファンへ一言

    いつも応援ありがとうございます!自分たちのベストを目指すために、戦いに向けて僕らの一員になってください!

ご視聴方法

smartphone PC TV

オンデマンドで見るなら

いつでもどこでも視聴できる!

詳細はこちら

※配信コンテンツは放送番組とは異なります。配信予定をご確認ください

TV

衛星放送・ケーブルTVで見るなら

今すぐ!30分で視聴できる!

詳細はこちら

アンテナ不要、ネットや電気とまとめてお得

詳細はこちら

※ご加入されるセット、パックによってJ SPORTS全4チャンネルをご視聴いただけない場合があります