中島 イシレリ

日本代表選手紹介

中島 イシレリ

中島 イシレリ

Isileli Nakajima

  • 生年月日

    1989年7月9日

  • 出身

    トンガ

  • 所属

    コベルコ神戸スティーラーズ

  • ポジション

    PR(プロップ)

  • 身長/体重

    186cm/125kg

  • 主な経歴

    流通経済大学→NECグリーンロケッツ

  • 日本代表キャップ

    8 ※2019年ワールドカップ日本代表
    ※2021年10月1日時点

  • ツイッター / インスタグラム

    @IsileliNakajima / @nakajima_isileli

体格を買われてPRに転向。ワールドカップにも出場した人気者

2019年にPRに転向し、そのまま日本代表としてワールドカップにも出場を果たし、そのキャラクラーから、すっかり人気者になったのが中島イシレリだ。ヴァカウタ・イシレリという名だったが、2014年に日本人女性と結婚し、2015年に日本国籍を取得。現在の名前になった。

15歳でトンガのリアホナハイスクールでラグビーを始めて、当初はPR(プロップ)だったという。18歳から流通経済大学に進学。150kgの体重を活かし、突破力を武器としたNO8(ナンバーエイト)だったが、ケガも多かったという。4年時には関東大学リーグ戦の初優勝に貢献し「ベスト15」にも選ばれている。

大学卒業後はNECに入り、3年間プレー。2015年からは神戸製鋼に移籍した。なかなか出場時間を得ることができなかったが、2018年はバックローとして春から好調で、その勢いのまま、日本代表入り。さらに、2019年になり、その体格を買われて、高校時代にプレーしていた左PRに転向した。

トップリーグカップ、特別編成チーム「ウルフパック」で頭角を現し、ワールドカップ出場を果たした。2021年のトップリーグは開幕戦で先発し、トライを決めるもケガをしてしまい、途中欠場したが、それでも1番をつけて7試合に出場した。ケガの影響で春の日本代表には選ばれなかったが、今秋、再び日本代表に復帰した。

◆憧れの選手はトンガ出身で、ニュージーランド代表のWTB(ウィング)ジョナ・ロムーだ。同級生のPRヴァル アサエリ愛とはトンガ時代に試合をしたことがあるというが、そのときは中島がPRで、ヴァルがバックローだった。ストレスの発散は温泉だ。口癖の「yeah boi」でも有名に。自らデザインしたマスクを販売している。

TEXT by 斉藤健仁
© JRFU

ご視聴方法

smartphone PC TV

オンデマンドで見るなら

いつでもどこでも視聴できる!

詳細はこちら

※配信コンテンツは放送番組とは異なります。配信予定をご確認ください

TV

衛星放送・ケーブルTVで見るなら

今すぐ!30分で視聴できる!

詳細はこちら

アンテナ不要、ネットや電気とまとめてお得

詳細はこちら

※ご加入されるセット、パックによってJ SPORTS全4チャンネルをご視聴いただけない場合があります