注目選手

BK
BACKS

ケイリブ・クラーク
Caleb Clarke
ケイリブ・クラーク
PROFILE
所属
ブルーズ
生年月日
1999年3月29日
ポジション
WTB(ウィング)
身長/体重
187cm/103kg
代表キャップ
2(ニュージーランド)
2020年10月25日現在
「新生ロムー」の呼び声高い、21歳の若きスターWTB

かつてオールブラックスで活躍した伝説的WTBになぞらえて「新生ジョナ・ロムー」の呼び声高い選手だ。体格を活かした相手を寄せつけないダイナミックなランでトライを奪う若きウィンガーだ。2020年10月11日にオールブラックスデビューを果たし、18日には地元オークランドで初先発し大活躍した。

サモアにルーツを持ち、父親は元オールブラックスのBK(バックス)で、日本のリコーでもプレーしたエロニ・クラークだ。オークランドのラグビーの名門、マウントアルバートグラマー高校時代は、オークランドの陸上大会で短距離走のチャンピオンでもあった。卒業後はブルーズの育成で力をつけ、2018年にブルーズに加入し、ワラターズ戦でスーパーラグビー初キャップを得た。

2017・18年はU20ニュージーランド代表としてU20ワールドチャンピオンシップにも出場した。2020年は東京オリンピックに向けたニュージーランド7人制代表候補に選出されたため、ブルーズのスコッドから外れたが、延期となったため、「スーパーラグビー アオテアロア」でチームに復帰。開幕のハリケーンズ戦で強烈なインパクトを残した。その勢いのまま、オールブラックスのスコッド入りを果たし、10月のブレディスローカップで活躍につながった。

◆叔母のシェリルは7人制ラグビーのニュージーランド代表だった。試合の前には今年初めに亡くなった祖父の名前と、昨年23歳で早逝した元ブルーズのPR(プロップ)マイク・タモアイエタのイニシャル「MT」を手首に書いて巻いている。ロックダウン期間中にピアノの練習を独学で始め、オールブラックスのSNSで披露した。

TEXT by 斉藤健仁

ご視聴方法

smartphone PC TV

オンデマンドで見るなら

いつでもどこでも視聴できる!

詳細はこちら

※配信コンテンツは放送番組とは異なります。配信予定をご確認ください

TV

衛星放送・ケーブルTVで見るなら

今すぐ!30分で視聴できる!

詳細はこちら

アンテナ不要、ネットや電気とまとめてお得

詳細はこちら

※ご加入されるセット、パックによってJ SPORTS全4チャンネルをご視聴いただけない場合があります