注目選手

FW
FORWARD

アーディ・サヴェア
Ardie Savea
アーディ・サヴェア
PROFILE
所属
ハリケーンズ
生年月日
1993年10月14日
ポジション
FL(フランカー)/NO8(ナンバーエイト)
身長/体重
188cm/103kg
代表キャップ
46(ニュージーランド)
2020年10月25日現在
激しいプレーが持ち味。トライの嗅覚にも長けたバックロー

2018年秋くらいからオールブラックスのバックローとしてレギュラーの座を確保し、2019年はスーパーラグビーでも、ワールドカップでも活躍。国内最優秀選手に輝き、ワールドラグビーの最優秀選手候補にもノミネートされた。

現在、ハリケーンズでともにプレーする兄ジュリアンは「ジョナ・ロムー2世」と言われるWTB(ウィング)。その3歳下の弟のアーディも、もともとは兄同様BK(バックス)の選手だったが、プロのキャリアをスタートさせるときに、FW(フォワード)へと転向した。

最初はセブンズのニュージーランド代表に選出され、2013年に兄のジュリアンと同じスーパーラグビーのハリケーンズと契約した。「オールブラックスとは何かを経験させるため」に、15人制代表には同年の秋のヨーロッパツアーに帯同したがプレーすることはなかった。この年、ニュージーランドのU20の年間最優秀選手賞を授与された。

2016年のリオオリンピック前にセブンズの代表から離れ、その年の6月に15人制のテストマッチに招集。ウェールズ戦でオールブラックスとして初キャップを獲得したものの、代表では競争の激しいポジションでもあり、コンスタントに試合に出場できなかった。

それでも2018年には、ザ・ラグビーチャンピオンシップのスコッドに選出され、アルゼンチン戦は2試合ともフル出場し、南アフリカ戦でも骨折したサム・ケインに代わり途中出場。試合終了間際にトライを挙げチームを逆転勝利に導くなど、存在感を示していった。国際舞台で10トライを挙げるなど、トライへの嗅覚もあり、現在ではハリケーンズ、オールブラックスでも、なくてはならない選手の1人へと成長した。

◆父方はサモアにルーツを持つ。ダンスや歌が好きで、兄とともに動画をよくアップしている。もしラグビー選手にならなかったら、ファッションデザイナーか、教師になりたかったというように、自身のファッションブランドを妻と経営している。

TEXT by 斉藤健仁

ご視聴方法

smartphone PC TV

オンデマンドで見るなら

いつでもどこでも視聴できる!

詳細はこちら

※配信コンテンツは放送番組とは異なります。配信予定をご確認ください

TV

衛星放送・ケーブルTVで見るなら

今すぐ!30分で視聴できる!

詳細はこちら

アンテナ不要、ネットや電気とまとめてお得

詳細はこちら

※ご加入されるセット、パックによってJ SPORTS全4チャンネルをご視聴いただけない場合があります