タウルペ・ファレタウ

FW
FORWARD

タウルペ・ファレタウ
Taulupe Faletau
タウルペ・ファレタウ
PROFILE
生年月日
1990年11月12日
所属チーム
バース(イングランド)
ポジション
FL(フランカー)
身長/体重
189cm/110kg
ライオンズキャップ
(テストマッチ)
13(4)
※2013・17年ツアーメンバー
(2021年6月15日現在)
ウェールズ代表キャップ
86
※2011・15年ワールドカップメンバー
(2021年6月15日現在)
3度目のライオンズツアーに選出された、トンガ出身のハードタックラー

ハードタックルと激しいボールキャリーで長い間、ウェールズ代表のNO8(ナンバーエイト)として君臨しているトンガ出身の選手だ。父は元トンガ代表FW(フォワード)で最多キャップを持ち、1999年ワールドカップに出場したLO(ロック)クリ・ファレタウ。

トンガで生まれ、父の仕事の関係でウェールズに移住した。幼少期からラグビーをはじめ、ブリストルで過ごした時期もあったが、ウェールズのドラゴンズでプロとしてのキャリアをスタートさせる。2010年、ウェールズU20代表としてU20世界選手権に出場。

翌2011年、シックスネーションズのスコッドに選ばれて初キャップを得た。そのまま、その年のワールドカップメンバーにも選ばれ、南アフリカ代表戦でトライを挙げるなど、7試合全部に出場し、タックルとボールキャリーで大会トップとなった。2012年シックスネーションズのグランドスラム(全勝優勝)にも貢献、2013年にはライオンズのオーストラリア遠征にも参加した。

2015年ワールドカップにも出場し、2016-17シーズンからはイングランド・プレミアシップのバースでプレーしている。2017年のニュージーランド遠征で再びライオンズに選出され、オールブラックスとのテストマッチ3戦全てを含む、6試合に先発し、オールブラックス相手にトライを挙げ、最多の76タックルを決めるなどの活躍を見せた。

しかし、ケガのため2019年ワールドカップは欠場。それでも昨年のシックスネーションズでウェールズ代表に復帰し、今年は優勝に貢献した。ライオンズのウォーレン・ガットランドHC(ヘッドコーチ)からの信頼は厚く、今回もタックルやボールキャリーに大きな期待を寄せている。

◆イングランド代表のヴニポラ兄弟は遠縁で、ウェールズで一緒に育った。本名のタウルペが発音しづらいことからウェールズでは「トビー」という愛称を使っていたが、2016年からは登録名を本名に戻した。妻シャーロットの妹の夫はサッカーのウェールズ代表のエースFWギャレス・ベイルだ。

TEXT by 斉藤健仁

ご視聴方法

smartphone PC TV

オンデマンドで見るなら

いつでもどこでも視聴できる!

詳細はこちら

※配信コンテンツは放送番組とは異なります。配信予定をご確認ください

TV

衛星放送・ケーブルTVで見るなら

今すぐ!30分で視聴できる!

詳細はこちら

アンテナ不要、ネットや電気とまとめてお得

詳細はこちら

※ご加入されるセット、パックによってJ SPORTS全4チャンネルをご視聴いただけない場合があります