オーウェン・ファレル

BK
BACKS

オーウェン・ファレル
Owen Farrell
オーウェン・ファレル
PROFILE
生年月日
1991年9月24日
所属チーム
サラセンズ(イングランド)
ポジション
SO(スタンドオフ)/CTB(センター)
身長/体重
188cm/92kg
ライオンズキャップ
(テストマッチ)
13(4)
※2013・17年ツアーメンバー
(2021年6月15日現在)
イングランド代表キャップ
93
※2015・19年ワールドカップメンバー
(2021年6月15日現在)
スキルに長けた、タックルも強い才能あふれる司令塔

元イングランド代表でアイルランド代表のHC(ヘッドコーチ)を務めているアンディを父に持ち、パス、ラン、キックとスキルをすべて兼ね備え、メンタルも強い才能あふれる司令塔だ。

元々はリーグラグビー出身で、父のサラセンズ移籍とともに15人制に転向、イングランドで指揮を執るエディー・ジョーンズが、サラセンズのHC(ヘッドコーチ)を務めていた時、17歳で父とともにプレミアシップデビューを飾った。

2015年のワールドカップでは、幼なじみのSO(スタンドオフ)ジョージ・フォードからレギュラーの座を奪取し、不振のチームの中でも気を吐いた。また、サラセンズでも、2015-16、2018-19シーズンにプレミアシップ、ハイネケン・チャンピオンズカップの2冠に導いている。

エディー・ジョーンズHCのイングランドでは、2016年にバイスキャプテン、2017年に共同キャプテン、2018年にキャプテンに指名され、2019年ワールドカップもリーダーとしてチームを決勝まで導いている。

ライオンズには2度(2013年、2017年)選出され、いずれも父アンディとともに遠征に参加。世界最優秀選手候補にも3度(2012年、2016年、2017年)ノミネートされている。テストマッチでの得点は史上5番目の1050点で、今回のツアーでもさらにポイントを重ねることが期待されている。

南アフリカ代表相手にはファレルのフィジカルの強さが活きてくるはずだ。2019年ワールドカップ決勝のリベンジを果たしたい。

◆2人の妹と弟がおり、弟のガブリエルとは20歳も年が離れている。2018年に結婚し、現在は2児の父。母方の叔父はリーグラグビーのスター、ショーン・オローリン。実は13歳の時、サッカーのマンチェスター・ユナイテッドのゴールキーパーのトライアルを受けて合格したが、父がサラセンズと契約するため泣く泣くロンドンに行った。

TEXT by 斉藤健仁

ご視聴方法

smartphone PC TV

オンデマンドで見るなら

いつでもどこでも視聴できる!

詳細はこちら

※配信コンテンツは放送番組とは異なります。配信予定をご確認ください

TV

衛星放送・ケーブルTVで見るなら

今すぐ!30分で視聴できる!

詳細はこちら

アンテナ不要、ネットや電気とまとめてお得

詳細はこちら

※ご加入されるセット、パックによってJ SPORTS全4チャンネルをご視聴いただけない場合があります