マコ・ヴニポラ

FW
FORWARD

マコ・ヴニポラ
Mako Vunipola
マコ・ヴニポラ
PROFILE
生年月日
1991年1月14日
所属チーム
サラセンズ(イングランド)
ポジション
PR(プロップ)
身長/体重
182cm/121kg
ライオンズキャップ
(テストマッチ)
13(6)
※2013・17年ツアーメンバー
(2021年6月15日現在)
イングランド代表キャップ
67
※2015・19年ワールドカップメンバー
(2021年6月15日現在)
パワフルなスクラムと、強いボールキャリーが魅力の左PR

オーストラリア、ニュージーランド遠征に続き、3度目のライオンズの遠征に選ばれたイングランドを代表する左PRだ。

父や叔父たちもトンガ代表という、ラグビー一家のもと、ニュージーランドで生まれた。幼い頃はウェールズで育ち、その後はイングランドのグロスターへと移り住んだ。2010年にブリストルでプロデビューしたが、翌年に弟のイングランド代表NO8(ナンバーエイト)ビリーとともにサラセンズと契約した。

2012年11月のフィジー代表戦でイングランド代表初キャップを獲得。すると翌2013年、ライオンズのオーストラリア遠征メンバーに選ばれ、ワラビーズとのテストマッチ3試合すべてに出場。2017年のニュージーランド遠征でもスコッドに選ばれ、今回が3度目のライオンズツアーとなった。

サラセンズでは4度のプレミアシップ優勝、3度のハイネケン・チャンピオンズカップ優勝を経験している。イングランド代表としては、2015年ワールドカップに出場し、その後もエディー・ジョーンズHC(ヘッドコーチ)が就任して以降、1番のジャージーを着続けて2019年ワールドカップに出場した。

経験豊富なスクラムワークと身体を活かした突破力が武器であり、南アフリカ代表の強力FW(フォワード)に対抗する選手の1人となろう。

◆父のファアオはトンガ代表キャプテンとして、1995年と1999年のワールドカップに出場した。また、父と叔父2人は揃ってワールドカップに出場している。弟のビリーは前回の遠征に続いて、今回も参加できなかった。弟とはほとんど会話しないようで、お互いの情報はお互いの妻を通じて知るという。

TEXT by 斉藤健仁

ご視聴方法

smartphone PC TV

オンデマンドで見るなら

いつでもどこでも視聴できる!

詳細はこちら

※配信コンテンツは放送番組とは異なります。配信予定をご確認ください

TV

衛星放送・ケーブルTVで見るなら

今すぐ!30分で視聴できる!

詳細はこちら

アンテナ不要、ネットや電気とまとめてお得

詳細はこちら

※ご加入されるセット、パックによってJ SPORTS全4チャンネルをご視聴いただけない場合があります