ダン・ビガー

BK
BACKS

ダン・ビガー
Dan Biggar
ダン・ビガー
PROFILE
生年月日
1989年10月16日
所属チーム
ノーサンプトン・セインツ(イングランド)
ポジション
SO(スタンドオフ)
身長/体重
188cm/90kg
ライオンズキャップ
(テストマッチ)
5(0)
※2017年ツアーメンバー
(2021年6月15日現在)
ウェールズ代表キャップ
92
※2015・19年ワールドカップメンバー
(2021年6月15日現在)
プレースキックが武器。経験豊富なウェールズを代表する司令塔

プレースキックも正確で、ウェールズ代表92キャップを誇る経験豊富な司令塔だ。ライオンズツアーも2度目の参加となる。2015年ワールドカップでは、プレースキックのルーティンが話題になったことでも知られる。

ウェールズのスウォンジー出身で、若い頃から各カテゴリーでウェールズ代表を経験し、18歳だった2008年、オスプリーズでプロのキャリアをスタートさせた。その年の秋に19歳でウェールズ代表として、カナダ代表戦で初キャップを獲得した。

2011年のワールドカップ出場はならなかったが、2012年のシックスネーションズからはコンスタントに代表入りし、2015年のワールドカップでは、FB(フルバック)リー・ハーフペニーに代わりキッカーを務めた。予選プールのイングランド代表戦では23点を挙げてMOM(マン・オブ・ザ・マッチ)に選ばれるなど、決勝トーナメント進出に大きく貢献。その年のウェールズ最高スポーツ選手賞も受賞した。

2016年に50キャップを獲得し、2017年ライオンズのニュージーランド遠征では、5試合に出たものの、オールブラックスとのテストマッチではプレーできなかった。2018年からはイングランドのノーサンプトン・セインツに移籍した。

2019年のワールドカップでは10番として試合に出続け、オーストラリア代表戦ではワールドカップ史上最速のキックオフから35秒でドロップゴールを決めるなど、その足でベスト4に大きく貢献した。一度は代表引退も考えたが、今年のシックスネーションズでは5試合すべてに先発し、36点を挙げウェールズ代表の優勝の原動力の1人となった。今回のツアーこそ、ライオンズとしてテストマッチのキャップを得たい。

◆キックの前に身体のあちこちを触るルーティンは、1990年台のヒット曲「マカレナ」をもじって「ビガレナ」とも呼ばれた。ラグビー以外には卓球が好きで、遠征中なども暇な時間は卓球をしているという。2019年ワールドカップ後、代表引退を考えたのはワールドカップが終わって帰宅すると、息子が自分に人見知りするようになったからだというが、家族の協力もあり思いとどまった。

TEXT by 斉藤健仁

ご視聴方法

smartphone PC TV

オンデマンドで見るなら

いつでもどこでも視聴できる!

詳細はこちら

※配信コンテンツは放送番組とは異なります。配信予定をご確認ください

TV

衛星放送・ケーブルTVで見るなら

今すぐ!30分で視聴できる!

詳細はこちら

アンテナ不要、ネットや電気とまとめてお得

詳細はこちら

※ご加入されるセット、パックによってJ SPORTS全4チャンネルをご視聴いただけない場合があります