アラン ウィン・ジョーンズ

FW
FORWARD

アラン ウィン・ジョーンズ
Alun Wyn Jones
アラン ウィン・ジョーンズ
PROFILE
生年月日
1985年9月19日
所属チーム
オスプリーズ(ウェールズ)
ポジション
FL(フランカー)
身長/体重
198cm/122kg
ライオンズキャップ
(テストマッチ)
20(9)
※2009・13・17年ツアーメンバー
(2021年6月15日現在)
ウェールズ代表キャップ
148
※2007・11・15・19年ワールドカップメンバー
(2021年6月15日現在)
「鉄人」の名がふさわしい、身体を張り続けるウェールズ代表のレジェンド

4度目となるライオンズツアーのスコッドに選出され、今回はキャプテンに任命された。ウェールズが世界に誇る鉄人LOだ。2006年から15年以上もウェールズ代表選手としてプレーし、キャップは現在まで148を数え、ライオンズのテストマッチの9試合を足すと157となり、世界最多キャップホルダーである。

唯一、12年前となる前回の南アフリカ遠征に参加しており、ラグビーがプロ化してから、最も多くライオンズでプレーしているレジェンドだ。風貌や年齢以上に落ち着いた姿から「古代ガリアの戦士」と呼ばれることもある。接点、空中戦、セットプレーで常にファイトする選手で「ウェールズ史上最高の選手」と称賛される。

以前からウェールズ代表でキャプテンを務めることも多かったが、FL(フランカー)サム・ウォーバートンのケガにより、2013年のオーストラリア遠征でもワラビーズとの最終戦でキャプテンを務め、勝利をあげた。前回のニュージーランド遠征でも、やはり途中からキャプテンを務めている。

ウェールズ代表としても2017年からスキッパーに任命され、2019年ワールドカップを率いた。シックスネーションズでも、ウェールズ代表で3度のグランドスラムを含む、5度の優勝を経験している。今回はツアー前からキャプテンに指名され、南アフリカ代表を相手に勝ち越しを狙っている。

◆地元のスウォンジー大学で法律を修めたインテリで、普段は1人でいるのが好きな物静かな一面もあるという。夫人は元400mハードルの陸上選手で、現在はカーディフの大学で心理学の教鞭をとっている。

TEXT by 斉藤健仁

ご視聴方法

smartphone PC TV

オンデマンドで見るなら

いつでもどこでも視聴できる!

詳細はこちら

※配信コンテンツは放送番組とは異なります。配信予定をご確認ください

TV

衛星放送・ケーブルTVで見るなら

今すぐ!30分で視聴できる!

詳細はこちら

アンテナ不要、ネットや電気とまとめてお得

詳細はこちら

※ご加入されるセット、パックによってJ SPORTS全4チャンネルをご視聴いただけない場合があります