番組紹介

IFSC クライミング世界選手権 2019 男女リード 決勝

<IFSC クライミング世界選手権 2019>
【男女リード 決勝】

解説:植田幹也
実況:林正浩
レポーター:ヤハラリカ
開催日:2019年8月15日
会場:エスフォルタアリーナ八王子

東京五輪種目の複合(コンバインド)。
複合(コンバインド)とは、高さ15mの壁を2人の選手が同時に登り速さを競う「スピード」、高さ4mの壁を制限時間内にいくつ登れるかを競う「ボルダリング」、制限時間内に高さ15m以上の壁のどの地点まで登れるかを競う「リード」の3種目の合計点で順位を競う。

この世界選手権では日本人最上位かつ上位7位以内で東京五輪内定となるため、例年に比べ注目度が非常に大きい。

ボルダリング種目は日本人男子が連覇中(楢崎智亜・2017年優勝/原田海・2018年優勝)、女子も昨年、野口啓代が銀メダルに輝いており、今年も日本人選手の上位進出が期待される。
リード種目も日本が世界レベルで戦えるレベルにあるため、表彰台の可能性も十分にある。
一方スピード種目はまだまだ世界レベルにはないが、日本記録の更新が2019年続出しており、今大会でも更新の期待がかかる。

放送日:2019年8月17日(土)

放送時間:深夜 2時 00分~午前 5時 15分

番組をシェアする

放送予定
8月15日(木) 午後6:30~午後10:00
8月16日(金) 深夜0:00~深夜3:15
8月17日(土) 午後1:00~午後4:20 深夜2:00~午前5:15
8月22日(木) 午前7:30~午前10:45
8月24日(土) 午前7:15~午前10:30
9月2日(月) 午後2:30~午後5:45

番組表のアイコンについて