シカゴ・カブスのダルビッシュ有が現地14日に行われたレンジャース戦に先発し、4回0/3を1失点で抑える上々のパフォーマンスを披露した。

『MLB.com』の報じたところによると、本人もレギュラーシーズンへ向けた手応えを掴んだ内容だった模様。同サイトでは、試合直後に掲載した記事で、その詳細を次のように伝えている。

「話はダルビッシュによる初春のブルペン練習まで遡るが、この時点で彼の状態が良いのは明らかだった。彼のストレートは一定して94〜96マイルに達しており、ここ数週間も彼はその状態を安定して保っていた」。

木曜のレンジャース戦では、その力強さはあったが、序盤は制球が乱れた。ダルビッシュはそれが試合中の調整として、いいテストになったと述べた。

「シーズン中は、今日みたいなことが起こるから」とダルビッシュ。「ストレートの感触がなかった。それが自分にとって良い練習になった」。

木曜の試合でダルビッシュは、最初の5人の打者に対し、13球中12球ストライクを投げた。彼のテンポは明らかにゆっくりしており、テキサスはそこにつけこんで2本の単打と1つの四球で1点を挙げた。

2死となったところで、投手コーチのトミー・ホトビーがマウンドへ小走りで向かい、手短に言葉を交わすと、以後、ダルビッシュは別の投手のようになった。

「僕はゆっくりだったとは感じなかったけれど、君たち記者や投手コーチには違っていたんだ。僕は少しゆっくりし過ぎていたようだね」とダルビッシュ。

「彼(ホトビー)はもっと手早くプレーするように言ったんだ。だから僕はそうするようにした」。

お知らせ

スカパー!×J SPORTS J SPORTS オンラインショップ