先週の8日から香港で開催されたFormula e(FE)の第5戦へ取材に行ってきました。
シーズン1の開幕戦からいくつかのTVステーションで解説をさせていただいてきたのですが、現場へ足を運んだのは、今回が初めてです。所属している日本モータースポーツ記者会の有志18人とともに行ってきました。

香港は、モータースポーツジャーナリストとして初めて海外取材をした地でもあります。
1981年の11月に香港島のヴィクトリアパークの舗装広場に廃タイヤを並べた特設コースで行われた【香港カートグランプリ】へ行ったのでした。以後、マカオGPへは何度となく取材へ出向いたのですが、仕事で香港の地に足を踏み入れたのは、37年と4ヶ月ぶり。

FEの会場は、香港島。九龍サイドと香港島サイドを結ぶフェリー桟橋近くの添馬(タマル)公園周辺の公道を閉鎖した1,86Kmのストリートサーキット。番組をご覧いただいた方はご存知と思います。日本でおなじみのA.ロッテラー選手が初優勝に向けて邁進していたのに最終盤に背後からS.バード選手に追突されて右リヤタイヤがパンク、サスペンションもダメージを受けて後退。最終フィニッシャーとなってしまった。レース後バード選手には5秒のペナリティーが加算され、2番手でゴールラインを切ったE.モルタラ選手がFE初勝利を飾ったのでした。モルタラ選手といえば、お隣のマカオGPでは2009年からF3とGTで6勝を記録。金曜日のチームスポンサーイベントにおいて、「マカオは自分にとってはパワースポットかもしれない」とコメントしていたけれど、今回結果として優勝できたのは、やはりマカオのパワーが!!?

お知らせ

【【モータースポーツが見放題!】】
J SPORTSオンデマンドなら
アンテナ不要!チューナー不要!

SUPER GT、WRC、スーパーバイク、
世界耐久選手権(WEC)など充実のラインアップ!
PC、スマホ、タブレットでご覧いただけます。

モータースポーツパック:月額1,800円(税抜)
※25歳以下の方は、U25割:月額900円(税抜)

スカパー!×J SPORTS J SPORTS オンラインショップ