メジャーリーグでは、オープン戦と春季キャンプは別ではない。

どちらもスプリング・トレーニングのスケジュールの一つとして考えられており、オープン戦が始まると試合出場「する組」と「しない組」に分けられ、試合のない時期同様、朝から淡々と練習が消化される。

投手の場合、先発なら中4日、救援ならば中2日で試合に「する組」に入る。ただし、先発にしろ、救援にしろ、メジャーリーグで実績ある投手は遠い遠征地には行かなくていいし、公式戦で対戦相手の多い同地区のチーム相手に登板することを避けることが多い。

ダイヤモンドバックスの平野佳寿投手も、その一人だ。

2月27日の初登板は、韓国プロ野球のNCダイノスとの練習試合だった。それは当日のオープン戦の対戦相手が同じナ・リーグ西地区のパドレスで、しかも敵地だったからだ。

3月2日の2度目の登板も同じだった。エンゼルスのマイナー相手の通称「Bゲーム」である。それは当日の相手が、やはり同地区のドジャースだったからだ。

お知らせ

3月9日・10日に京セラドーム大阪で行われる「侍ジャパンシリーズ2019」メキシコ戦。今年の11月に開催されるプレミア12向けて始動する稲葉ジャパン。プロ野球開幕直前に行われる強化試合で選考された選手の仕上がり具合はどうなのか? 注目の戦いを生中継!

詳しくはこちら

スカパー!×J SPORTS J SPORTS オンラインショップ