今シーズンの勢いがそのまま結果に現れた試合となった。3連覇を狙う開幕3連勝の王者・クルセイダーズが、ホームのクライストチャーチ・AMIスタジアムに、逆に開幕から3連敗と不調のチーフスを迎えた。

3連勝のクルセイダーズは今年も好調で、FW(フォワード)、BK(バックス)が一体となったアタック力が長けており、それが勝利につながっている。

先週もアウェイでのレッズ戦に22-12と競り勝って、総勝ち点を12に伸ばし、総合順位でもトップに立っている。

一方、先週の第3節、ホームでサンウルブズに敗戦したチーフスは開幕3連敗となり、総勝ち点は1にとどまり、カンファレンスだけでなく、総合順位でも最下位に沈んでいる。

今年のチーフスはディフェンスで粘ることができず、失点を重ねて敗戦。今回も相手の攻撃力に対し、どこまで失点を抑えることができるかがカギと見られた。

ホームのクルセイダーズは前節のレッズ戦から9名の先発を変更、前節の試合を休んだオールブラックスのCTB(センター)ライアン・クロッティが先発復帰しキャプテンを務めた。

試合はそのクルセイダーズの強さばかりが目立つことになる。試合開始早々、アウェイのチーフスにオールブラックのSO(スタンドオフ)ダミアン・マッケンジーのキックを中心に攻め込こまれる。

しかし、前半7分、SOマッケンジーのキックパスを今日がデビュー戦となったWTB(ウィング)セヴ・リースがカットし、カウンター。

そのボールをつないで、最後はCTBジャック・グッドヒューのオフロードパスを受けたWTB(ウィング)ブライドン・エノーが左隅に抑えて先制トライ。SOリッチー・モウンガのゴールも決まって7-0とリードする。

10分、再びWTBリースが魅せる。自陣から積極的にボールをつないできた相手SOマッケンジーのパスをインターセプトして、そのまま右中間にトライ。12-0とリードを広げる。

今シーズン初勝利に向け、意地を見せたいチーフスはこの試合優勢だったスクラムを軸に攻め込む。

ゴール前のペナルティーからスクラムを選択し、18分、スクラムを起点にNO8(ナンバーエイト)タレニ・セウが押さえて、ゴールも決まり12-7と追い上げる。

お知らせ

スカパー!×J SPORTS J SPORTS オンラインショップ