ニューヨーク・ヤンキースの田中将大が、同僚セベリーノの負傷により開幕投手候補に浮上したのは既報の通りだが、現地8日にフロリダで行われたタイガース戦での好投により、米メディアは“タナカが開幕投手レースの先頭に出た”と報じた。

ヤンキースのアーロン・ブーン監督は、この日のナイトゲームでデトロイト打線相手に3回1/3を投げて4安打2失点5奪三振とした田中の出来に満足している模様だ。

同日付で『MLB.com』に掲載された記事によると、「(開幕投手が誰になるのか)選手たちには伝え始めている。君たち(メディア)も恐らく(誰になるのかは)予想できるだろうと思う」と述べたとのこと。

さらに記事では、「もしタナカに決まれば、右腕がヤンキースで開幕投手を務めるのは4度目のことになる」。

「タナカは2015年、16年、そして17年にこの名誉を受け、ヤンキースはそれぞれブルージェイズ、アストロズ、そしてレイズ相手に3戦全敗し、タナカには2敗がついている」と、過去に田中が開幕戦で勝てていないとしながらも、ブーン監督による次のコメントで記事を締め括った。

「マサ(田中)は彼の人生を通して、明確に、はっきりと、大舞台に強いことを見せてきた。もちろん、開幕戦の状況でも、彼が縮み上がることはない。彼は準備を整えて臨むだろう」。

お知らせ

スカパー!×J SPORTS J SPORTS オンラインショップ