大谷翔平は既報の通り、今春は指名打者としての現場復帰を目指し、目下室内でのトスバッティングによる打撃練習を続けている。

近々、投手としてのリハビリを開始する模様であるとエンゼルスの地元、ロサンゼルスの現地メディアが報じた。

『ロサンゼルスタイムス』電子版に現地7日付で掲載された記事では、「ブラッド・オースマス監督は、木曜にショウヘイ・オオタニが近々投手としてのリハビリを始める上での医学的な許可が下りると述べた」としており、監督自ら“投手”大谷の現在地を明かした模様である。

更に記事では、「投手が肘の再建手術を受けた場合、通常は4〜6ヶ月で投球プログラムを開始できるようになるのだが、オオタニは特別なケースだった」とコメント。

大谷の投球再開について球団側が慎重に事を運んでいたと報じつつ、「常に喫緊だったと思う。今は(投球再開が)早まっている」というオースマス監督の発言を伝えた。

また、「オレンジカウンティーレジスター」電子版は、同日付の記事にて、今後の見通しについて次のように報じている。

「オオタニは今季中には投手として復帰しない予定であるとは言え、投球プログラムの開始は、彼の打者としての復帰にも影響を与えることになる」。

「エンゼルスはオオタニについて慎重を期しているため、投球と打撃の再開へ向けた練習量を同時に増やすことはしないだろう。現在、オオタニはコーチからのトスバッティングで一日30球ほど打っており、バットを振るようになってからは1ヶ月が経った」。

お知らせ

スカパー!×J SPORTS J SPORTS オンラインショップ