アジアで4カ国目となるカザフスタンが舞台。最終ラウンドはまさかの展開に!?

ミカエル・キングズベリー

すでに8連覇を決め、気持ちに余裕を持ってカザフスタン大会に臨んだキングズベリー

カザフスタンのシムブラクで今季のW杯最終ラウンドが行われた。同国でのフリースタイルスキーのW杯開催は初めてのこと。南東部にある大都市・アルマトイが2022年冬季五輪として立候補するなど、カザフスタンは近年、冬季スポーツイベントの招致に積極的で、今後もシムブラクがモーグルW杯の舞台として定着する可能性は高い。

地元での初大会で世界選手権女王が主役となるも、総合優勝はラフォンに決まる

ユリア・ギャリシェバ

男子の実力者・レイヒャードが欠場する中、ギャリシェバが初開催の地元大会を盛り上げた

大会初日の3月2日(土)は第9戦、今季最後となるMOだ。

女子は“総合優勝をほぼ手中に収めたペリーヌ・ラフォン(FRA)を、逆転Vの可能性を残しているジャエリン・カーフ(USA)、ジャカラ・アンソニー(AUS)が追い越すことができるのか?”そして、“総合4位のユリア・ギャリシェバ(KAZ)が地元でどこまで意地を見せるか?”といったところが焦点だった。ところが、オーストラリア勢は男女ともにこの大会には不出場。その時点で、アンソニーの総合優勝は消え、ラフォンが10位以内に1度でも入れば総合優勝を手中にできる有利な展開となった。

予選、ファイナル1を経て、スーパーファイナルへは、上からギャリシェバ、ジャスティン・デュフォー・ラポイント(CAN)、ラフォン、カーフ、オリビア・ジアッシオ(USA)、星野純子(JPN)という面々が進出。この時点でラフォンの2連覇が決まった。

スーパーファイナルでは、まず星野が渾身のパフォーマンスで暫定首位に(75.81点)。次のジアッシオは失敗で14.00点。

続くカーフは持ち味の攻撃的なターンで結果的にラップを取るが、ターンが乱れて53.71点で星野に届かず。

優勝が決まったラフォンは79.11点の高得点で、2名を残して暫定トップに浮上。そして、終盤戦になって調子を上げてきたジャスティンが76.684点で暫定2位となり、ラフォンとジャスティンの表彰台が決まる。 

最終滑走者となったギャリシェバはホームの大歓声を後押しに、今季の世界選手権の優勝得点を上回る79.69というハイスコアを記録。嬉しい自国での優勝となった。

お知らせ

FIS ワールドカップスキー 勝負の18/19シーズン開幕!

J SPORTSオンデマンド ウインタースポーツパックでアルペンスキー・モーグル・ジャンプ・ノルディック複合を配信!

●ウインターパック:月額1,800円(税抜)
●25歳以下の方は、U25割で月額900円(税抜)
※総合パックでもご視聴いただけます。
»詳しくはこちら


★スキー特集ページはこちら
スカパー!×J SPORTS J SPORTS オンラインショップ