世界最高峰のメンバーが、「ミニ・ツール・ド・フランス」のスタートラインに集結。ついに自転車の本場ヨーロッパに戦場を移した2019年ワールドツアーが、パリ〜ニースの8日間で、本格的に加速を切る。

今年で第77回目を迎える伝統ある大会は、パリから遠い郊外のどこか……ではなく、実に12年ぶりに「グラン・パリ」と呼ばれる首都経済圏から走り出す。開幕の地に選ばれたのはサン・ジェルマン・アン・レー。そう、かつてフランス国王の宮廷が置かれ、現在はサッカークラブのパリ・サンジェルマンが本拠地を構える町だ!

黄色いユリの紋章が輝く地からスタートする序盤3日間は、ずばりスプリンター向き。おかげで強豪たちがこぞってパリ〜ニース行きを選んだ。デマールにフルーネウェーヘン、イーウェン、カヴェンディッシュ、グライペル、Sベネット、クリストフ、トレンティン、コロブレッリ、マシューズ、デゲンコルプ、コカール、ラポルト、ヤコブセン...。いわゆるピュアスプリンターから上れるスプリンターまで。来る春クラシックの優勝候補者たちも名を連ね、豪華さだけならグランツール「以上」かもしれない。

ただし「太陽へ向かうレース」の大会序盤は、例年通り、寒さと悪天候が予想される。単純に「速い」だけでは、栄光を手にすることは出来ない。

お知らせ

【Cycle*2019 パリ〜ニース 】
別名「太陽へのレース(La Course au Soliel)」、またはフランスを駆け抜けるその様子から「ミニ=ツール・ド・フランス」とも呼ばれるこのパリ〜ニース。 かつて多くの7月王者を生み出してきた他、パリ〜ニースで良い成績を収めた選手はその後のシーズンでも輝かしい成績を残すと言われており、これから始まるシーズンを占う上で見逃すことの出来ないレースとなっている!

3月10日〜17日 J SPORTSオンデマンドでLIVE配信! 詳しくはこちら

スカパー!×J SPORTS J SPORTS オンラインショップ