ガレス・ベイルが苦しんでいる。

2013年夏、8600万ポンド(当時のレートで約130億円)もの巨額でトッテナムからレアル・マドリーに移籍したが、度重なる負傷が災いし、周囲の期待に応えているとは表現しづらい。今シーズンも精彩を欠いたままで、マドリディスタのブーイングに晒されてばかりいる。エージェントを務めるジョナサン・バーネットはこういった。

「ベイルにブーイングを浴びせる連中は恥を知るべきだ」

しかし、一般大衆は正直だ。額面に合わない者は容赦なく批判する。賢いエージェントであれば、よりソフトな言葉を選択していたに違いない。

さて、バーネットはこの夏、ベイルの仕事先を探す必要に迫られる。同僚のマルセロがロッカールームの実状を明かした。

「ベイルはあまり言葉を交わさず、ひとりでいるケースが多い。スペイン語が得意ではないからね」

お知らせ

世界最高峰リーグ イングランド プレミアリーグ!

J SPORTSでは18/19シーズンも注目試合を毎節5試合お届けします。
試合中継から関連番組までJ SPORTSでお楽しみください。


»特集ページはこちら
»お申し込みはこちら

スカパー!×J SPORTS J SPORTS オンラインショップ