参入4年目のヒトコム サンウルブズがアウェイで歴史的白星を飾った。

日本を本拠地とするサンウルブズは、3月2日(土)の第3節、FMGスタジアム・ワイカトでニュージーランドカンファレンスの強豪で、過去に2度優勝を経験しているチーフスと対戦。

前半から攻守にサンウルブズが上回り、30-15で快勝。サンウルブズはアウェイ24戦目にして初勝利で、アジア圏外でも初の白星となった。

サンウルブズは、直前でベンチメンバー入りしていたLO(ロック)ジェームス・ムーアが体調不良のため、FL(フランカー)ダン・プライヤーに替わったが、先発15人中、12人が日本代表として2019年に出場する可能性がある選手で臨んだ。

一方、チーフスも東海大学4年で日本代表3キャップのWTB(ウィング)アタアタ・モエアキオラがベンチ入りした。

開幕から連敗の両チームだが、チーフスはアウェイでブランビーズに17-54と大敗していたが、サンウルブズはワラターズに30-31と接戦していた。それもあってか、試合は序盤から前節で好調だったサンウルブズのペースとなる。

「最初の20分が大事」とサンウルブズフィフティーンは試合に臨んだ。開始早々、現役オールブラックスのチーフスSO(スタンドオフ)ダミアン・マッケンジーのキックオフのミスがあり、サンウルブズはセンタースクラムとなる。

サンウルブズはチャンスを逃さず、スクラムを起点にLOヘル ウヴェが力強い突破で前進した後、ボールを右に展開して最後は右端のFL松橋周平に回して、松橋が右隅にトライ。名手SOヘイデン・パーカーのゴールも決まって7-0と先制に成功する。

5分にCTB(センター)シェーン・ゲイツが負傷して、フィル・バーリーに交替するアクシデントもあったが、6分に相手反則により、SOパーカーがPG(ペナルティゴール)を決めて10-0。

その後は互いに決め手にかける展開となるが、21分、相手のSOマッケンジーにPGを決められ、10-3。しかし、26分にPGを返して13-10と再び10点リードする。

そして23分、自陣25m付近のスクラムから大きく右に展開し、前節の「ベスト15」にも輝いたWTB(ウィング)ゲラード・ファンデンヒーファーが、右サイドを大きくゲインしチャンスメイク。

最後はLOトンプソン ルークにサポートされたLOウヴェがインゴール中央右に押さえてトライ、ゴールも決まって20-3。35分にはSOパーカーがPGを決めてアウェイのサンウルブズが23-3と大きくリードして前半を折り返した。

お知らせ

スカパー!×J SPORTS J SPORTS オンラインショップ