スーパーラグビーは第3節を迎える。日本を本拠地とするヒトコム・サンウルブズ(オーストラリアカンファレンス)は現在、ニュージーランド遠征中。

3月2日(土)にFMGスタジアム・ワイカトでニュージーランドカンファレンスの強豪で過去に2度優勝を経験しているチーフスと激突する。

サンウルブズは先発15人中、12人が日本代表として2019年に出場する可能性がある選手。

チーフスもベンチに今年入団した東海大学4年で日本代表3キャップのWTB(ウィング)アタアタ・モエアキオラが入り、ワールドカップに向けたアピールの場としても注目される試合となりそうだ。

スーパーラグビー参入4年目となるサンウルブズは、開幕戦はホームのひとつシンガポールで、南アフリカのシャークスに10-45で大敗。先週の国内開幕戦はスクラム、ディフェンスで奮闘してワラターズとクロスゲームを演じたが、30-31で敗れた。

一方のチーフスはホームで迎えた開幕戦で、ニュージーランドのライバルハイランダーズに27-30で惜敗。先週はアウェイでオーストラリアの強豪ブランビーズに17-54と大敗してしまった。

まず、サンウルブズのメンバーから見ていこう。共同キャプテンのひとりPR(プロップ)クレイグ・ミラー、4年連続サンウルブズで戦っているFL(フランカー)エドワード・カークがケガのため、遠征メンバーから外れた影響もあり、先発は前の試合と7人が替わった。

FWは元チーフスのPR(プロップ)山下裕史が前の週から引き続いて先発するが、PRパウリアシ・マヌとHO(フッカー)坂手淳史は控えから先発にまわった。

日本代表のレジェンド37歳のLO(ロック)トンプソン ルークは3試合連続先発し、もうひとりのLOには先週の試合で途中出場ながら調子の良かったヘル ウヴェが入った。

バックローはケガのエドワード・カークに替わり、練習生から正式なスコッドになったFL(フランカー)松橋周平、そして好調を維持しているFLツイ ヘンドリックとNO8(ナンバーエイト)ラボーニ・ウォーレンボスアヤコの2人が先発に名を連ねた。

お知らせ

スカパー!×J SPORTS J SPORTS オンラインショップ