山下裕史

ワラターズ相手にスクラムでターンオーバーを勝ち取っただけではなく、11本のタックルを決めた山下裕史

スーパーラグビー2019は、3月1日〜3日にかけ第3節の7試合が行われる。第2節のサンウルブズは、オーストラリア代表選手を多数含むワラターズと、30−31という接戦を繰り広げ、敗れたものの、7点差以内の負けに与えられるボーナスポイントを獲得。課題のスクラム、ディフェンスが改善され、今後の戦いに期待を抱かせている。そして、スーパーラグビーの公式サイトのチーム・オブ・ザ・ウィーク(第2節のベスト15)に、PR山下裕史、WTBゲラード・ファンデンヒーファーが選出された。山下はワラターズ相手にスクラムでターンオーバーを勝ち取っただけではなく、11本のタックルを決め、ファンデンヒーファーは140mのゲインメーターを稼いだことが評価された。

ゲラード・ファンデンヒーファー

140mのゲインメーターを稼いだことが評価されたゲラード・ファンデンヒーファー

ワラターズ戦の翌日、サンウルブズは、29名(FW17名、BK12名)の編成で、第3、4節の試合地であるニュージーランドへ旅立った。スクラムの軸になる山下裕史、追加招集で契約したFL松橋周平も含まれている。このほか、ワラターズ戦でインパクトある突進を披露したPRパウリアシ・マヌ、スーパーラグビーデビューでトライをあげたLOトム・ロウ、サインプレーから見事な加速でトライをあげたWTBゲラード・ファンデンヒーファーらが名を連ねた。怪我で出遅れていたマオリ・オールブラックスのFLダン・プライアー、FLベン・ガンター、WTBホセア・サウマキもおり、今季初お目見えとなるか注目だ。

お知らせ

スカパー!×J SPORTS J SPORTS オンラインショップ