スーパーラグビー2019は、2月22日(金)から第2節が始まる。サンウルブズは、23日(土)、同じオーストラリアカンファレンスのワラターズと対戦する。サンウルブズは、初戦から先発で4名の変更がある。なかでも注目は、PRヴァル アサエリ愛に代わった山下裕史、LOジェームス・ムーアに代わったトム・ロウだろう。

開幕節では交代出場ながら、スクラムを立て直した山下はラグビーワールドカップ(RWC)2019の日本代表メンバー入りに向け、スーパーラグビー序盤戦でアピールしたいところ。オーストラリア代表を多数そろえるワラターズに対しても存在感を示したい。スクラムは一人で組むものでなはい。後ろの選手たちの押しを、いかに相手に伝えることができるか。ただし、山下は「ラグビーはスクラムだけではないので」とも話していた。ボールキャリーや、ディフェンス面でもアピールしたいところだ。トム・ロウは、1991年 生まれの28歳。高校まではバスケットボールに打ち込み、卒業後に本格的にラグビーを始めながら、すぐにこのタフなスポーツに適応して州代表に選ばれるなど抜群の運動能力を誇る。初めてのスーパーラグビーレベルでどんなプレーを見せてくれるのだろう。

イズラエル・フォラウ

イズラエル・フォラウ(ワラターズ)

ワラターズのメンバーは豪華だ。キャプテンのFLマイケル・フーパ―、PRセコペ・ケプ、LOロブ・シモンズ、CTBカートリー・ビールなど11人のオーストラリア代表キャップ保持者が並ぶ。なかでも一人だけ注目選手をあげるなら、FBイズラエル ・フォラウだ。193cm、103kgのサイズで、空中戦に強く、ボールを持ってのしなやかなランニングは、なぜあんなに簡単にタックラーをかわせるのか不思議なほど。

お知らせ

スカパー!×J SPORTS J SPORTS オンラインショップ