IJFワールドツアー、欧州シリーズ二大大会の一であるグランドスラム・デュッセルドルフ大会がいよいよ今週末(2月22日〜24日)に迫った。この大会の模様はJ SPORTSで生中継される。

先週末、1次エントリーリストを見て目を疑った。エントリー数なんと724人!昨年のグランドスラム5大会の平均参加者が371人(最高はデュッセルドルフ大会の446人)、グランプリ等を加えたワールドツアー全体(世界選手権を除くシニア大会)の平均が363人だからこの異様さ、わかってもらえると思う。1次エントリーから実際の参加者は目減りするのが通例だが、大会直前のきょう(2/19)の時点でもいまだ683人がエントリーを継続中。昨年のIJF全イベントのうち600人を超えたのはバクー世界選手権(参加755名)だけだから、ちょっとこれは飛び抜けている。

もともと「パリではなくデュッセルへ」という選手の流れはここ数年の大きなトレンドではあるのだが、先週行われたパリ大会も史上稀に見る参加者があり(570名)、これだけでは説明し難い。五輪前年となり具体的に出場ポイントを獲りに行かねばならない強豪たちの事情、今が五輪を狙わせるラストチャンスとばかりにジュニアあがりの有望新人も組み入れて大量派遣を為すことになっている強豪国の大戦略はもちろんだが、カギはどうやら参加国数にあり。パリは昨年から16か国増、デュッセルドルフは実に32か国増えてともに97か国が参加しているのだ(昨年のツアー平均参加国は55、世界選手権の参加国は124)。子細に見ていくとアフリカ、中東、パンナム地域の国がかなり増えている。IJFの普及策が実り、これまでは世界選手権にしか顔を見せなかった「登録しているだけの国」もツアーに積極的に選手を派遣することになったということだろう。強豪国の大量派遣に参加国数の増加、2009年に始まったワールドツアーシステム10年間の成熟この巨大大会に極まれり。これが2019年グランドスラム・デュッセルドルフ大会のバックグラウンドだ。

すっかり前置きが長くなってしまったが、注目選手と注目階級について。パリ大会の際に書かせて頂いた通り、強国・日本がこの欧州シリーズを世界選手権代表第3次選考と位置付けて一線級の大量派遣を行っており、どうしても大会の重心は日本勢ということになる。

男子66kg_丸山城志郎

男子66kg_丸山城志郎

日本代表候補の出場する13階級すべてが注目に値するが、敢えてと言われれば。男子注目選手としては66kg級の丸山城志郎を挙げさせて頂く。丸山はご存じの通り11月のグランドスラム大阪で世界選手権2連覇中の阿部一二三を投げて優勝、続くワールドマスターズでも圧勝V。成績はもちろんのこと、なによりその勝ちぶりの良さ、これぞ日本柔道という技の切れ味で業界の話題をさらっている。海外の選手間でも丸山は「特別」との感想が度々聞こえてくることとなっており、ようやくその力にふさわしい評価を得つつあるというところか。ライバルの阿部はパリ大会で初戦敗退に終わっており、今大会は追撃者から本命へと代表争いにおける立場を塗り替える大チャンス。今大会の66kg級はマルグヴェラシヴィリ(ジョージア)、プルヤエフ(ロシア)、ダバドルジ(モンゴル)と強豪の数は揃っているが、丸山が順当に力を発揮すれば問題なく頂点に届くかと思われる。

スカパー!×J SPORTS J SPORTS オンラインショップ