Text by 中村康一(Image Works)

1位 坂本花織

女子1位_坂本花織

女子1位_坂本花織

今回のインターハイは過去に例を見ない盛り上がりを見せ、大成功に終わった。その要因として、坂本花織の参戦が大きかったことは間違いない。全日本選手権の優勝者がインターハイに出場するというのは異例のことなのだ。四大陸選手権、世界選手権を控えた立場でありながら何故彼女は参戦したのか、それは神戸野田高校に1年生の選手が加入し、メンバーが3名揃ったことが最大の理由だったようだ。 「全中は2位で終わってしまったんで、インターハイは絶対に取りたいと思っていました。しかも今年、学校で3人揃って、表彰台も行ける、と思ったので。絶対出なかったら悔い残るな、って」。

とはいえ、周囲からの反対は根強かったようだ。 「9割ぐらいの人に反対されて、あんまり賛成してくれる人がいなくて、1週間ぐらい前も、『出なくていいんじゃないの?』と凄い言われたんですけど、自分の中で固い意志があって、そこは譲れなかったです」。

3名のフルメンバーで出場し、神戸野田高校の名前を売り込むことに強いこだわりがあったのだ。 「高校の受験日がユースオリンピックと被っていて、受けさせてくれるのが神戸野田高校しかなかったんです。高校生のうちにオリンピックも経験できたし、四大陸も優勝できたし、全日本も優勝できたし、結果で恩返しできたかな」。

掛け値なしに十分すぎるほどの恩返しだと感じる。そして恩返しの集大成として、3月の世界選手権では優勝を狙うと宣言した。 「世界選手権は、日本開催でもあるし、来シーズンはロシアのジュニアの子たちが上がってきます。今年が世界一になるチャンスだと思っているので、強気で行きたいと思っています。優勝を狙います」。 インターハイ出場者がその年の世界選手権を優勝したら、文字通り空前絶後の快挙だ。大いに期待したい。

2位 横井ゆは菜

女子2位_横井ゆは菜

女子2位_横井ゆは菜

今季、大きな進歩を遂げ、全日本ジュニア優勝、そして世界ジュニアの代表としてインターハイに出場した横井ゆは菜。高校3年生、最後のインターハイは実りの多い大会となったようだ。

「最後のダブルアクセルの失敗がもったいなかったんですが、終始落ち着いて演技できたのでそれは良かったと思います。点数的には安定してきていて、ジュニア最後のシーズンで、自信だったり、試合前の気持ちの持って行き方だったりを学べたと思います」。 今季の最大目標、世界ジュニアに向けていいステップとなった。

「しっかり自分のできることをやり切れば点数もいただけるっていうことが分かったので、それを生かして、自信を持って、楽しんで、でも集中してやりたいと思います」。

更にもうひとつ、横井選手にとって3年越しの目標を成し遂げた大会ともなった。学校別成績で、中京大中京高校は3年ぶりの総合優勝を果たしたのだ。彼女が1年生の時に連覇が途切れ、ずっと責任を感じていたのだという。 「私のせいで優勝できない、みたいになっていたので、最後の年に優勝できて、そして頼もしい後輩たちがいてくれて本当に助かりました。有終の美ということで、ここから後輩が連場を続けていってくれればと思います」。

今年のインターハイは、全日本チャンピオン、坂本花織が出場したことが話題となったが、その演技から燃えるものは大きかったようだ。 「今日の坂本選手の演技、ピアノレッスンを観て、“フリーレッグで曲を表現している”のが分かったので、そういう表現ができるようになりたいと思いました」。 そして今後の目標については、 「世界ジュニアで結果を残して、来季のグランプリシリーズに出られるようにしたい。もし出られたら、自分のカラーをシニアの舞台で出したいです」。 来季のシニアデビューに向けて、まずは世界ジュニアで少しでも上の順位を獲得することが必要となる。吉報を楽しみに待ちたい。

スカパー!×J SPORTS J SPORTS オンラインショップ