Text by 中村康一(Image Works)

見応えのある大会だった。優勝した佐藤駿、惜しくも優勝を逃した鍵山優真、どちらが勝ってもおかしくない名勝負となった。そして中学1年生にして4回転ジャンプを降りた三浦佳生など、将来の日本男子を背負って立つ逸材たちもそのポテンシャルを大いに発揮してくれた。

1位 佐藤駿

1位 佐藤駿

1位 佐藤駿

ショートプログラムでは3アクセルで着氷をミスしたのだが、その他は完璧な演技で68.62をマーク。驚いたのはアクセルのミスがオーバーターン、回り過ぎだったことだ。この点について聞いてみると「力を入れ過ぎて跳んでしまいました」。普段の練習でも、目一杯の力ではなく、軽く跳んで3アクセルを回れるようになっているのだという。ますます将来が楽しみになるコメントだ。全日本ジュニアでは圧巻のフリー演技を披露したのだが、「明日は全日本ジュニアと同じぐらいの演技をしたい」と意欲的に語ってくれた。

そして迎えたフリー、最初の4回転は失敗してしまったが、「自分の満足の行く演技ができました。6分間から集中してできたことが良かったです」と、笑顔を見せた。目標としていた全日本ジュニアの点数には届かなかったが、それでも140点台が出せたことを喜んでいた。

今季、し烈な戦いを続けてきたライバル、鍵山選手については、 「シーズン通して、勝ったり負けたりだったので、全中では勝てて嬉しいです。かなり刺激になっている存在です。優真みたいにもっと演技が上手くなりたい。(鍵山選手の)点数が出た時、ちょっとやばいんじゃないかと思ったんですが、勝てて良かったです」。

この両名、スコアだけ見ると僅差の勝負を繰り広げているのだが、その内容は大きく違う。4回転ジャンプを2本入れ、ベースバリューを上げる戦略の佐藤駿。一方の鍵山優真は4回転はないものの、加点とPCSで高得点をマークする選手だ。 「鍵山選手は同じジャンプでも僕より全然上手いです。加点も違いますし、見習いたいなと思います」。 来季以降もライバル関係は続く。切磋琢磨する二人の戦いを見守りたいものだ。

2位 鍵山優真

2位_鍵山優真

2位_鍵山優真

ショートプログラムでは冒頭の3アクセルがパンク。手痛いミスを引きずってしまい、その後の滑りが良くなかったと反省していた。それでも後半は立て直し、66.27と2位でフリーを迎えることになった。アクセルのミスについては「踏み切りの前に余計な力を入れ過ぎてしまい、踏み切るときに貯めた力が抜けてしまった」と解説してくれた。実は国体後に長野に到着してから、練習でもずっとアクセルの調子が悪かったのだという。その不安が試合に出てしまった、と悔やんでいた。フリーでは3アクセルを2回入れる予定だという。アクセルの修正が勝負のカギを握ることになりそうだ。

そして迎えたフリー、圧巻の演技で佐藤選手を猛追。惜しくも僅差で優勝を逃したのだが、素晴らしい演技に観客もスタンディングオベーションで応えた。 「昨日のショートがあまり良くなかったんですが、気持ちを切り替えてフリーに臨むことができました。最後の全中ということもあって、悔いが残らないように頑張りました。楽しかったという思いもあったんですけど、優勝できなくて悔しいという思いの方が強いです」。

6分間練習ではアクセルが跳べなかった。不安の残る直前練習だったのだが、本番では見事なトリプルアクセルを着氷。 「6分間練習後、すぐに全日本での自分の動画を観て、こうすれば跳べる、とイメージを作りました」。 こうしてわずかな時間に立て直した冷静さは見事としか言いようがない。4回転ジャンプのない構成ながら、フリーでは佐藤選手を上回るスコア、148.11をマークした。3アクセルを含むジャンプでの加点、及びPCSのスコアで高く評価された結果だ。

「スケーティング、表現力は一番練習してきた部分なので、そこが自分の強みだと思います。ただ本番での強さはあまりないので、もっとジャンプの練習をしていきたい。4回転も入れたいんですけど、それを入れると他が崩れてくる可能性があるので、確率を上げて完璧に跳べるようにしたい」。 と冷静に自己分析していた。4回転ジャンプについては、 「練習では結構降りたりしてるんですよ。でも曲に入れるとなると、まだ体力的な問題があって入れられないかな」。 と、試合で披露するのはもう少し先になりそうとのこと。

ところで鍵山選手の父、鍵山正和氏は典型的なジャンパータイプの選手だった。ジャンプに関してはまだ鍵山正和氏の現役時代に及ばないと思うが、スケーティング、表現についてはかなり近づいているのでは?と聞いてみたところ、 「映像で観ても父には全然負けてます」。 と、まだまだ遠く及ばないと話してくれた。そして他の昔の選手の動画も観て参考にしているそうで、 「昔のシニアの選手はとても体を大きく使えていて、シンプルな動きでも綺麗に見えるところが凄いと思います」。 と、学ぶべき点を多く見つけているようだ。彼の演技の質の高さの理由が垣間見えたように思う。

スカパー!×J SPORTS J SPORTS オンラインショップ