2月12日、ゴードン・バンクスが亡くなったという知らせが届いた(残念ながら、日本ではあまり大きく報道されなかったが)。

イングランドが1966年に自国開催のワールドカップで優勝した時のGKであり、イングランド・サッカー史上最高のGKであることは間違いない。世界では史上最高の座はバンクスとレフ・ヤシン(ソ連=ディナモ・モスクワ)の2人のどちらかだろう。

1966年のワールドカップでは、準決勝でポルトガルのエウゼビオに1点を決められるまで開幕戦から5試合を無失点でしのぐ大活躍(決勝戦では西ドイツ相手に2失点)。

しかし、バンクスの名を今に伝える伝説的なプレーは、4年後のメキシコ大会のブラジル戦で生まれた。

前回優勝のイングランドと1958年、62年を連覇したブラジルの新旧王者対決はグループリーグの2戦目で実現した(グループ3はイングランドとブラジルに加えて、ルーマニア、チェコスロバキアがそろった“死の組”だった)。

そのイングランド対ブラジル戦の前半、右から持ち込んだブラジルのジャイルジーニョがクロスを上げた瞬間、GKのバンクスはジャイルジーニョを警戒してニア側のポスト脇に位置を取っていた。

お知らせ

世界最高峰リーグ イングランド プレミアリーグ!

J SPORTSでは18/19シーズンも注目試合を毎節5試合お届けします。
試合中継から関連番組までJ SPORTSでお楽しみください。


»特集ページはこちら
»お申し込みはこちら

スカパー!×J SPORTS J SPORTS オンラインショップ