モンテで開幕したシリーズは僅かな休みで第2戦スウェーデンを迎えます。
開幕期は常にファンの高い注目を集めます。各チームの体制は? レギュレーション対応は? 特にドライバー変更後の下馬評は? それらがモンテやスウェーデンそれにメキシコまで続きます。最初の3戦は強い個性を持っているからです。VW撤退後ドライバー移籍などでシリーズポイント争いが平準化され、かえって面白くなりました。昨年は常勝オジェが中盤不調、3位まで落ちましたがその後、最終戦でヌーヴィルとの激戦を制しチャンピオン獲得など例年になく最後まで楽しませてくれました。タナックも大健闘でしたが車両トラブルで運に恵まれず残念な3位でしたが今一番速いドライバーだと思います。

そして、モンテはご存じのとおりオジェが2.2秒差でヌーヴィルを振り切りましたが、タナックのタイヤ交換後の激走には目を見張るものがありました。注目の9回チャンピオンのローブがヒュンダイで出場。まずまずの出来で4位、トヨタのミークは完走狙いで一応成功、ワークスで3台完走はトヨタだけというのは、この先メーカーチャンピオン防衛のためには必要なことです。オジェはシトロエンに移っても大成功。シトロエンは2台目以下が相変わらず問題です。フォードはスターが抜けて苦しい展開。エバンスとスニネンが時々以外に速いタイムを出す楽しみはあるものの体制としては力不足です。

お知らせ

【【モータースポーツが見放題!】】
J SPORTSオンデマンドなら
アンテナ不要!チューナー不要!

SUPER GT、WRC、スーパーバイク、
世界耐久選手権(WEC)など充実のラインアップ!
PC、スマホ、タブレットでご覧いただけます。

モータースポーツパック:月額1,800円(税抜)
※25歳以下の方は、U25割:月額900円(税抜)

スカパー!×J SPORTS J SPORTS オンラインショップ