マイケル・リトル

昨シーズンはチーム・オブ・ザ・イヤーに選ばれたマイケル・リトル

スーパーラグビー2019が2月15日、ニュージーランドカンファレンスのチーフス対ハイランダーズの試合で幕を開ける。参戦4年目のヒト・コミュニケーションズ サンウルブズは、2月16日、シンガポールのナショナルスタジアムで南アフリカのシャークスとの開幕戦を迎える。今季のサンウルブズについて展望したい。

まずは、日本代表との連動について整理しておきたい。9月20日に開幕するラグビーワールドカップ(RWC)2019に向かって強化を進める日本代表は、選手たちに強度の高い試合を経験するため、スーパーラグビーの舞台を活用する。現在、日本代表メンバーは、サンウルブズ、ラグビーワールドカップトレーニングスコッド(RWCTS)、ナショナル・デヴェロップメントスコッド(NDS)の3つのグループに分かれている。RWCTSは、RWCの軸になるメンバー。NDSは、将来日本代表に選出される可能性のある選手を育成する。

サンウルブズは、プロチームとしてスーパーラグビーに参戦するため、チームとの契約をした選手が出場する。日本代表の中心は、RWCTSとNDSであり、現在、サンウルブズと契約しながらRWCTSに参加しているのは、コンディションの調整が必要な選手で、準備が整いしだいサンウルブズに合流してスーパーラグビーで戦うことになる。

クレイグ・ミラー

マイケル・リトルと共同キャプテンを務めることになったクレイグ・ミラー

2月16日のシャークス戦に向け、現在、サンウルブズは、オーストラリア合宿を行っている。共同キャプテンを務めることになったPRクレイグ・ミラー(パナソニック ワイルドナイツ)、CTBマイケル・リトル(三菱重工相模原ダイナボアーズ)は2018シーズンの中心になった2人だ。運動量豊富に動き回るミラー、体格は小さいが小気味の良いステップワークでタックラーをかわすリトルが先頭に立ってチームを引っ張る。

2016年から活躍するFLエドワード・カーク(キヤノンイーグルス)、昨秋の日本代表メンバーである山下裕史(神戸製鋼コベルコスティーラーズ)、坂手淳史(パナソニック ワイルドナイツ)、中村亮土(サントリーサンゴリアス)、松田力也(パナソニック ワイルドナイツ)らが彼らを支える。サンウルブズは初参戦となるが、チーフスでプレー経験のある山下裕史、レッズで活躍したツイ ヘンドリック(サントリーサンゴリアス)がどんなプレーを見せてくれるか楽しみだ。

お知らせ

スカパー!×J SPORTS J SPORTS オンラインショップ