日仏ラグビーチャリティマッチ2019

ラグビーワールドカップ(RWC)イヤーは、トップチームのすべての試合が本大会へとつながるサバイバルマッチとなる。2月2日、岐阜県の岐阜メモリアルセンター長良川競技場にて行われた「バローグループ presents 日仏ラグビーチャリティマッチ2019 〜FOR ALL 復興〜」も、RWCの日本代表入りを目指す選手たちにとって重要な一戦だった。

来日したASMクレルモン・オーヴェルニュは、フランスのトップリーグであるTOP14で2位(試合時)。前日に行われたシックスネーションズのウェールズ代表戦に出場したフランス代表には6名を送り出していたが、来日メンバーも個々の能力は高かった。キャプテンを務めるLOポール・ジェドゥラジアックは、フランス代表として2017年11月の日本代表戦に出場した経験があった。その時は日本代表と引き分けている。「日本代表と戦った経験から、今回もどれほどタフな試合になるかが分かっていたので、良い準備ができました」。

7,585人の観衆が見守る中、午後2時5分のキックオフ。トップリーグ選抜は、いきなりFB山中亮平がディフェンスを突破し、ディフェンス面でも素早く前に出てプレッシャーをかけ、意識の高さを見せる。しかし、ASMクレルモン・オーヴェルニュのCTBジョージ・モアラ(ニュージーランド代表4キャップ)にディフェンスを崩され、開始5分で2トライを奪われた。トップリーグ選抜も14分、SO田村煕とCTB立川理道のループプレーからWTB尾崎晟也がトライし、10分にはPR木津悠輔が目を見張るスピードでタックルをかわしながらゴールラインを越えたが、ここはタックラーに阻まれグラウンディングできず。しかし、16分、自陣からパスをつないでFLボーク コリン雷神がトライし、12−14と差を詰めた。

残念ながら拮抗したのはここまで。28分にASMクレルモン・オーヴェルニュのNO8ペゼリ・ヤト(フィジー代表13キャップ)にトライされると次第に引き離された。ASMクレルモン・オーヴェルニュの攻撃は一人一人にスピードがあり、簡単なミスをしなかった。このあたりは、世界トップレベルのプロ選手たちの基礎プレーの確かさを再認識させられた。ブレイクダウン(ボール争奪局面)でも7度のターンオーバーに成功するなど、リアクションの素早さ、一つ一つのプレーの激しさでもトップリーグ選抜を苦しめた。圧力を受けたトップリーグ選抜は、相手のボールキャリアーに対してタックラーが一人で対する場面が多くなり、何度も外されていた。個々のタックル能力の差は明らかで、組織ディフェンスをしなければ強豪国のパワフルでスキルの高いランナーを止めることができないということを、改めて痛感させられるシーンが相次いだ。

お知らせ

スカパー!×J SPORTS J SPORTS オンラインショップ