モーグルのW杯は12月中に行われた序盤戦、北米を舞台とした中盤戦の計6戦が終わり、世界選手権開催による休止期間に入った。

今回はこれまでの6戦の結果を踏まえた、今季の注目点を4つピックアップしてみたい。

(1)8連覇は目の前。結局、絶対王者の時代はまだまだ続く

今季開幕戦の優勝者が、第6戦終了時点でのランキング1位の選手。イエロービブをつけてたざわ湖の大会初日に出場する

今季開幕戦の優勝者が、第6戦終了時点でのランキング1位の選手。イエロービブをつけてたざわ湖の大会初日に出場する

昨季、ミカエル・キングズベリー(CAN)は、平昌五輪金メダルを獲得し、さらに前人未到のW杯総合7連覇を達成。ところが、W杯では3戦連続で堀島行真(JPN)に敗れたことから、“いよいよ長期政権にも陰りが見えたか?”や、“五輪金メダルも手にして、モチベーションが低下しているのでは?”といった見られかたをされたのは事実だった。

ところが、そんな読みは大ハズレもいいところであった。

絶対王者は今季、開幕戦で優勝すると連戦連勝で、6戦5勝とこれまでと何も変わらない快進撃をみせている。高難度エアをサクッと飛び、難斜面でも簡単に滑っているかのように、ハイスピードでコブを乗り越えていく。今季も、あのキングズベリーのままだった。

昨季の不調から立ち直ったベンジャミン・キャベ(FRA)、世界選手権も含めると過去に5度キングスベリーに勝っている堀島、そして要注目のアップカマーであるウォルター・ウォルバーグ(SWE)、さらに原大智(JPN)ら追撃する2位以下の選手たちにも勢いがあり、緊張感の高いレースが続いてはいる。

だが、残るは4戦。キングズベリーのスコアは現在545点で、2位のキャベが375点と離れており、いつものキングズベリーが続く限り、逆転は困難だろう。8連覇の可能性は極めて高いのだ。

(2)今季も続く女子の大混戦。カギを握るのはエアの技術力アップの成否か?

ジャカラ・アンソニー

急成長株のアンソニーは同じオーストラリアのコックスより上位にいる。

第6戦終了時点で、女子ランキングトップはペリーヌ・ラフォン(FRA)。彼女は昨年の総合王者であり、平昌五輪金メダリスト。順位だけをみれば、順当な結果だと思える。

だが、そのポジションは決して安泰とは言えない。なぜなら、6戦中に優勝は2回のみで、そのスコア500点。2位で優勝1回のジャカラ・アンソニー(AUS)は405点、3位で優勝2回のジャエリン・カーフ(USA)は400点と、差がそれほどついていないのだ。数字の上では、次の第7戦(秋田たざわ湖大会)で、カーフには同点で並ばれ、アンソニーには追い抜かれてしまう可能性さえあるのだ。つまり、残る4戦の展開次第で総合順位は大きく入れ替わることになる。

この混戦を制するカギになりそうなのがエアだ。

2000年代前半、全盛期の上村愛子がコーク720を得意技としていた時期があった。ところが、これに追随する選手は少なく、いつの間にか難度の高いオフアクシス系の技を見せる女子選手がほとんどいなくなってしまった歴史がある。ところが、ここ数シーズンで再びコークに挑む選手が登場。そして今季、混戦を抜け出すための手段として、エアのレベルアップに挑む選手が目立ってきた。アメリカの選手が先導するような形だが、ラフォンも世界選手権優勝、W杯連覇を視野にコークに挑んでいる。残る4戦。どんな展開が待っているのだろうか?

お知らせ

FIS ワールドカップスキー 勝負の18/19シーズン開幕!

J SPORTSオンデマンド ウインタースポーツパックでアルペンスキー・モーグル・ジャンプ・ノルディック複合を配信!

●ウインターパック:月額1,800円(税抜)
●25歳以下の方は、U25割で月額900円(税抜)
※総合パックでもご視聴いただけます。
»詳しくはこちら


★スキー特集ページはこちら
スカパー!×J SPORTS J SPORTS オンラインショップ