今週末、重要なマンチェスター・シティ戦を控えているというのに、アーセナルのDFラインには負傷者が続出している。エクトル・ベジェリンとロブ・ホールディングは今シーズン絶望の重傷だ。ソクラティス・パパスタスプーロスの復帰は早くても2月下旬といわれ、ロラン・コシェルニーとエインズリー・メイトランド=ナイルズも、試合当日のフィットネスチェックいかんで起用できなくなる。

また、24節のカーディフ戦を見るかぎり、ナテョ・モンレアルとステフェン・リヒトシュタイナーはマッチフィットネスが整っておらず、カール・ジェンキンソンもケガが治ったばかりだ。

しかも、攻撃を司るはずだったメスト・エジルがすっかり脆くなった。こうした状況で「シティに勝て」とは酷な要求だ。DF陣が壊滅状態で、攻撃もアレクサンデル・ラカゼットとアーロン・ラムジーの個人能力に頼るしかないのだから、効果的なゲームプランなどこの世には存在しない。ウナイ・エメリ監督が猫の目の色のようにスターティング11を変えるため、連携も成熟しない。そしてジョゼップ・グアルディオラ監督率いるシティに、プレミアリーグでは1分4敗。エメリも敵将との通算成績は4分7敗。苦手意識はある。

お知らせ

世界最高峰リーグ イングランド プレミアリーグ!

J SPORTSでは18/19シーズンも注目試合を毎節5試合お届けします。
試合中継から関連番組までJ SPORTSでお楽しみください。


»特集ページはこちら
»お申し込みはこちら

スカパー!×J SPORTS J SPORTS オンラインショップ