カーディフ戦から公式戦5連勝。オーレ・グンナー・スールシャール新監督率いるマンチェスター・ユナイテッドは好調だ。得点16が示すようにアタッキング・フットボールが奏功し、ニューカッスル戦とレディング戦(FAカップ3回戦)ではクリーンシートも記録した。対戦相手に恵まれていたとはいえ、前体制を覆っていた陰鬱なムードを一掃したのだから、スールシャール抜擢はとりあえず正解だ。

さて、ユナイテッドはレディング戦終了後、温暖なドバイでミニキャンプに汗を流している。主な目的は戦略・戦術の再確認と、寒いマンチェスターでは不可能な体力の強化、さらに気分的なリフレッシュも含まれているという。ジェシー・リンガード、アンドレアス・ペレイラ、ジオゴ・ダロトはポジティブ、かつ笑顔にあふれる内容のSNSを発信し、アンデル・エレーラは契約更新に近づいている大きな要因として、「スールシャール監督の存在」を挙げている。

お知らせ

世界最高峰リーグ イングランド プレミアリーグ!

J SPORTSでは18/19シーズンも注目試合を毎節5試合お届けします。
試合中継から関連番組までJ SPORTSでお楽しみください。


»特集ページはこちら
»お申し込みはこちら

スカパー!×J SPORTS J SPORTS オンラインショップ