HO島根主将、PR加藤、小鍛治の第1列

1月12日の決勝の相手は、昨年度準優勝の明治大との対戦となった。天理大としては、基本的に関西リーグ、そして大学選手権での戦い方を踏襲するはずだ。

天理大は外国人留学生やWTBの突破力に目が行きがちだが、「ディフェンスのリアクションがチームカラー」とWTB久保が言うように、今シーズンの天理大は15人一体となった守備を軸に戦っており、最多失点は19点と堅守が光る。

もちろん、8人一体となって低く組むスクラムも大きな武器となっている。関西リーグでは京都産業大学、大学選手権の準々決勝では大東文化大学のスクラムにも打ち勝ち、プレッシャーをかけて主導権を握った。

決勝戦でもディフェンスとスクラムで、相手にプレッシャーをかけることができれば、おのずとトライも生まれて勝利に近づくはずだ。

恐らく、天理大メンバーは、帝京大戦と大きな変更はないだろう。FW(フォワード)はキャプテンHO島根一磨を筆頭に、PR(プロップ)加藤滉紫(ともに4年)、PR小鍛治悠太(2)がスクラムを支える。

控えに入るでだろうPR山川力優(3年)、谷口祐一郎(2年)もスクラムが強い。LO(ロック)は由良祥一(4年)、アリペリ・モアラ(1年)、

バックローは、アタックで光る日本代表2キャップのNO8モアラ、そして機動力が武器のFL(フランカー)岡山仙治(3年)と佐藤慶(4年)の2人がタックルを繰り返す。

BK(バックス)は昨年からハーフ団を組んできた2年生のSH藤原忍、SO松永拓朗がチームの中心だ。中盤では縦に強いCTBフィフィタ(2年)、CTB池永玄太郎(4年)の2人が存在感を見せる。

決定力のあるWTB久保

バックスリーにも決定力に長けたWTB久保、中野豪(4年)の2人がおり、後ろからFB(フルバック)立見聡明(3年)がゲームコントロールする。

天理大の小松節夫監督は「優勝目指してやってきているので、決勝は一番いい試合をできるよう準備したい」と冷静に語った。

HO島根キャプテンは「目標は日本一なのでそれに向けて全力でひたむきに行きたい」と語気を強め、WTB久保は「個人としは相手のBKに負けたくない。準優勝と優勝では重みが全然違います。勝ち切って優勝したい」と意気込む。

1月12日(土)の大学選手権決勝。天理大が1925年のラグビー部創部以来初、そして関西勢としては、1984年の同志社大学以来の大学王者に輝くことができるか。

◆ラグビー全国大学選手権決勝
・1月12日(土)午後4:30 天理大学 vs. 明治大学
※J SPORTS 2で放送、J SPORTSオンデマンドで配信

photo

斉藤 健仁
スポーツライター。1975年生まれ、千葉県柏市育ち。ラグビーと欧州サッカーを中心に取材・執筆。エディー・ジャパン全試合を現地で取材!ラグビー専門WEBマガジン「Rugby Japan 365 」「高校生スポーツ」の記者も務める。学生時代に水泳、サッカー、テニス、ラグビー、スカッシュを経験。「エディー・ジョーンズ 4年間の軌跡」(ベースボール・マガジン社)、「ラグビー日本代表1301日間の回顧録」(カンゼン)など著書多数。≫Twitterアカウント

お知らせ

スカパー!×J SPORTS J SPORTS オンラインショップ