大会規定により今後の競技続行は不可能に

南米ペルーで開催中の「ダカールラリー2019」、競技2日目、ステージ2の「ピスコーサン・ファン・デ・マルコナ」で、トラッククラスに出場中の菅原義正(77歳)が戦列を離れることとなった。

砂丘のステージで操舵系が故障し、自力では修理不可能となりメカニックを呼んでの作業となったため、大会規定で失格となった。休息日明けの1月13日からは、救済措置として賞典外でのラリー続行となる模様。

2018年大会でも、競技2日目で競技続行が不可能となり、2年連続の序盤での戦線離脱となった。

無念のダカールラリー2018年大会から1年、準備と鍛錬を重ねてきた「ダカールラリーの鉄人」に、勝利の女神はまたも試練をあたえる形となった。

杉山友輝(J SPORTS)ペルー/アレキパ

photo

杉山友輝(J SPORTSプロデューサー)
若手のADを見るとすぐに「メシくってるか?」という昭和臭いプロデューサー。担当競技は卓球・ラリー・ゴルフ。毎日自らで作ったカスピ海ヨーグルトを食べるのが健康法。ニックネームはスギP。

お知らせ

【【モータースポーツが見放題!】】
J SPORTSオンデマンドなら
アンテナ不要!チューナー不要!

ダカールラリー、SUPER GT、WRC、
世界耐久選手権(WEC)など充実のラインアップ!
PC、スマホ、タブレットでご覧いただけます。

モータースポーツパック:月額1,800円(税抜)
※25歳以下の方は、U25割:月額900円(税抜)

スカパー!×J SPORTS J SPORTS オンラインショップ