1月7日(月)、全国51校が出場した「花園」こと、全国高校ラグビー大会は決勝戦で、大阪桐蔭(大阪第1)が桐蔭学園(神奈川)を26-24で下し、平成最後の大会を終えた。

桐蔭NO8佐藤

ここでは今年度の大会で印象に残った1・2年生を紹介していきたい。まずは、決勝戦に進出した桐蔭学園で1年生ながら、NO8(ナンバーエイト)で、先発し続けた佐藤健次は強烈なインパクトを残した。

FL (フランカー)西山周作(3年)のケガの影響もあり、神奈川県予選から桐蔭学園の先発として抜擢。

花園では「突破力でアピールしたい!」という言葉通り、桐蔭学園の初戦となる2回戦から、NO8のジャージーを着てフィジカルの強さを見せた。

身長175cm、体重93kgの恵まれた体格の佐藤は、中学時代は横浜ラグビースクールを、太陽生命カップで優勝に導いた主将で、エースWTB(ウィング)だった。

小学校まで高崎ラグビークラブに在籍し、ラグビースクールの先輩のPR(プロップ)/HO(フッカー)堀越康介(サントリー/日本代表)らが桐蔭学園でプレーしていたこともあり、「憧れていた」という同校に進学。

高校に入ると、すぐにFW(フォワード)第3列にコンバートされて、実力をいかんなく発揮している。

残念ながら優勝は叶わず、さすがに落胆した表情を見せていたが、「最後は負けという形で終わってしまいましたが、5試合を通じて(花園は)自分が一番大きく成長できる場所でした」という言葉を残し、初めての花園を後にした。

その他、1年生では千葉県勢初の準決勝に進出した流通経済大柏(千葉)のFB(フルバック)浅見亮太郎、準々決勝で敗退した常翔学園(大阪第3)にはLO木戸大士郎。

同じく準々決勝で敗れた報徳学園では、PR西崎海人、CTB(センター)竹ノ内堅人、WTB植田和磨の3人が先発として活躍。

3回戦で敗退した茗渓学園(茨城)のPR亀山昇太郎(1年)、京都成章のLO(ロック)本橋拓馬(1年)も将来性を感じさせた。

お知らせ

スカパー!×J SPORTS J SPORTS オンラインショップ