初優勝した大阪桐蔭

1月7日(月)、大阪・東大阪市花園ラグビー場で「花園」こと、全国高校ラグビー大会の決勝が行われた。

昨年度の準優勝だった大阪桐蔭(大阪第1)と、春の選抜で2連覇している桐蔭学園(神奈川)の『桐蔭対決』となった。

序盤から点の取り合いとなったが、最後はFW(フォワード)の圧力とディフェンスで上回った大阪桐蔭が、26-24で勝利して初優勝。平成最後の高校王者に輝いた。

ディエンスで粘る大阪桐蔭

上空はやや風があったが、天候は晴れという絶好のコンディションの中、約8000人の観客を集めてキックオフされた。

「今年度のチームはFWとBK(バックス)のバランスがいい」と綾部正史監督が自負するように、大阪桐蔭がセットプレーから素晴らしいアタックを見せる。

前半7分、ラインアウトを起点としたサインプレーで、WTB(ウィング)三島琳久(3年)がゲインし、FB(フルバック)伴井亮太(3年)が左中間にトライ。

先制トライは大阪桐蔭FB伴井

さらに13分はスクラムからのサインプレーで、WTB野村将大(2年)が抜ける。

キャプテンCTB(センター)松山千大(3年)がボールを前に運び、最後はCTB高本幹也(3年)からSO(スタンドオフ)嘉納一千(2年)とつないでトライ。SO嘉納は自身でゴールも決めて、12-0とリードする。

ただ、「継続ラグビー」を自負する桐蔭学園も負けていない。「5本取ってこい」と藤原秀之監督に送り出された選手たちが見事なアタックを見せる。

22分、アタックを継続し、ペナルティを得るとゴール前のサインプレーからPR(プロップ)床田淳貴が右隅に押さえて反撃開始。

続く25分にはゴール前のワンパスで、1年のNO8(ナンバーエイト)佐藤健次、さらにPR鈴木康平(3年)が縦を突き、最後は鈴木がトライ。

さらに28分にはHO(フッカー)紀伊遼平がオフロードパスでつないで、最後は左隅にWTB佐々木隼が飛び込んでトライ。12-17と逆転に成功し、そのまま桐蔭学園がリードして前半を折り返す。

お知らせ

スカパー!×J SPORTS J SPORTS オンラインショップ