2019年初のエッセイです。書き初めですね。
年末、そして年始は如何お過ごしだったでしょうか?
ボクは、食べて、飲んで、滑った年末&年始でした。と思ったら慌ただしく、4日には仕事始めであっという間に通常モードとなっております。

さて、AIとか全自動なんとかとかが多くのメディアで露出していますね。そして、先日JRの山手線で自動運転のテストが行われたのですが、駅手前でストップしてしまうトラブルが発生、「下手くそ運転」レベルでなんとかテストは終了したと報じています。

一般乗用車も自動運転化への技術開発が進められているのはご存知だと思います。公道における自動車の自動運転は、まずインフラが完備されなければ大きなステップは踏み出せないと考えるので、もう少し時間はかかるのではないでしょうか。

モータースポーツではどうでしょう。
一般公道では、あらゆる目的、異なった運転レベルのドライバー達が行き来しているのですが、モータースポーツ、特にサーキットレースにおいては、まずは、一方方向に進む。そして、競い合って勝つという目的がシンプルなので自動化されたロボットレースカーの出現が早いのではないかという意見があります。実際に生身のドライバーが乗っていないレースカーが試走しています。結果は、クラッシュ。その後の開発はどうなったかは最近報じられないので、開発プロジェクトが頓挫してしまっているのでしょうかね。

お知らせ

【【モータースポーツが見放題!】】
J SPORTSオンデマンドなら
アンテナ不要!チューナー不要!

SUPER GT、WRC、スーパーバイク、
世界耐久選手権(WEC)など充実のラインアップ!
PC、スマホ、タブレットでご覧いただけます。

モータースポーツパック:月額1,800円(税抜)
※25歳以下の方は、U25割:月額900円(税抜)

スカパー!×J SPORTS J SPORTS オンラインショップ