平成最後の優勝は大阪桐蔭か桐蔭学園か

1月7日(月)にいよいよ、今年度の「花園」こと98回全国高校ラグビー大会の決勝が行われる。

今年が平成最後の大会ということが決まっており、平成最後の王者となるのは、大阪桐蔭(大阪第1)か桐蔭学園(神奈川)ということになった。ここで平成30年間の花園の歴史を振り返ってみたい。

昭和64年1月7日の昭和天皇崩御のため決勝が中止となり、大阪工大(大阪、現・常翔学園)と茗渓学園(茨城)の両校が昭和最後の優勝校となった。

平成元年度最初の優勝校は天理(奈良)から始まり、2010年(平成22年度)度が引き分け同時優勝のため、ここまで優勝校は全部で30校となる。

30校のうち、なんと大阪勢が最多の14回の優勝を誇る。やはり2001年(平成14)年度からの啓光学園(現・常翔啓光学園)の4連覇が光る。

啓光学園は1991年(平成3年)度に初優勝し、平成30年間で最多となる7度を数える。2位は東福岡(福岡)の6回、3位は東海大仰星(大阪)の5回、伏見工業(京都)が3回とつづく。

他にも大阪工大(現・常翔学園)が2回、東海大仰星(現・東海大大阪仰星)が1999年度(平成11年度)に初優勝し、昨年度まで5度の優勝していることが大きい。

関西という枠組で考えると天理が1度、京都の名門・伏見工業(現・京都工学院)が3度優勝しているため、30回のうち、18回が関西勢ということになる。

6度の優勝を誇る東福岡

また、東福岡(福岡)が、2007年(平成19年)度に初優勝してから6度の栄冠に輝いているため、30校のうち関西以西の高校が24回優勝しており、長らく、高校ラグビー界が「西高東低」と言われているのも納得である。

さらに愛知を東西どちらに入れるかという問題もあるが、1996年(平成8年)度に優勝した西陵商業(現・西陵)を西にカウントすると25回となる。

関東で優勝した高校は1990年(平成2年)度に初優勝した熊谷工業(埼玉)、1993年(平成5年)度から連覇した相模台工業(現・神奈川総合産業)。

1997年(平成7年)度に優勝した国学院久我山(東京)、2010年(平成22年)度に同時優勝した桐蔭学園(神奈川)の4校で5回ということになる。

お知らせ

スカパー!×J SPORTS J SPORTS オンラインショップ