アルバルク東京に来る前、ルカ・パヴィチェヴィッチコーチは日本代表の指揮官を務めている。この期間中はフル代表だけでなく、若手の育成に関わるキャンプでも指導するなど、日本のレベルアップに全力で取り組んできた。12月19日と20日に発表されたシェーファー・アヴィ幸樹と平岩玄の加入は、そんな取り組みの成果と言っていい。26日のサンロッカーズ渋谷戦後に行われた記者会見で、2人がコメントした内容でも明らかだ。

「Bリーグに行くと決断した理由ですけど、自分は日本代表でプレーすることが多くなって来ているので、それを考えた時に2020年の東京オリンピックが目標で、何が何でも出たいという気持があった。何をしなければならないかを考えた時に、大学でプレータイムをもらえていなかったし、来年も残る選手が多くもらえる見込みがなかった。大学に残っていたらレベルアップにならないかなと思ったし、代表活動にも影響が出ると思ったから大学を出ると決断した。アルバルクを選んだのは、代表関連で一緒になっている(馬場)雄大さんや(竹内)譲次さんがルカの下で非常にうまくなっているなと感じた」(シェーファー)

「2年前大学生のキャンプで1か月間教わる機会がありまして、ルカのことを以前から知っていました。どういうバスケットをして、どういうことを求めてというところが、常に大学にない視点というか、Bリーグで活躍するとか、さらに向こうのことを視野に指導をしてくれる。大学の試合がない中で自分をどのような環境に置きたいかと考えた時に、ルカは絶対に手を抜かないですし、どんな選手に対しても厳しく丁寧に指導してくるので、自分が成長するためには、いい機会だと思ってアルバルクを選びました」(平岩)

お知らせ

バスケ見るならJ SPORTS
J SPORTSでは学生からプロまで国内外の大会を充実のラインアップでお届けします!

J SPORTSバスケットボールパック発売中!
詳しくはこちら>>

スカパー!×J SPORTS J SPORTS オンラインショップ