2018年12月27日に開幕した第98回全国高等学校ラグビーフットボール大会は、残すところあと3試合となった。2019年1月3日に行われた準々決勝の結果、Aシード3校、Bシード1校が順当に勝ち上がり、1月5日の準決勝で相まみえることになった。キャプテンによる抽選で決まった組み合わせは以下の通りだ。

◇1月5日、準決勝組み合わせ
12:45 大阪桐蔭(大阪第一) 対 流経大柏(千葉)
14:30 東福岡(福岡) 対 桐蔭学園(神奈川)

前回準優勝の大阪桐蔭

前回準優勝の大阪桐蔭

第1試合は、Aシードの大阪桐蔭と、創部史上初の全国ベスト4入りを果たした千葉県の流経大柏が対戦する。大阪桐蔭は、昨シーズンの花園では準優勝、春の選抜大会でも準優勝と悔しい思いをしてきた。悲願の初優勝のために負けられない戦いだ。FL奥井章仁を筆頭に重量FWが力強く前に出て、松山千大、高本幹也の両CTBを軸にしたアタックでチャンスを広げる戦いは、力強く安定感がある。名前をあげた3人他、HO中川魁、FB伴井亮太ら昨年からの経験者が多いのも強みだ。流経大柏に対してもフィジカルの優位性を保ちつつ、ディフェンスを崩したい。

春の選抜大会を制した桐蔭学園

春の選抜大会を制した桐蔭学園

対する流経大柏は、大阪の常翔学園を終盤の逆転で下してのベスト4入りだ。我慢の末の勝利は大いに自信になっただろう。モールを押し込むなどFW陣が勢いづいているのも好材料だ。「日本一から逆算してチームを作ってきた」と、相亮太監督が言う通り、準々決勝では怪我を抱えるWTB當眞慶に無理をさせず、次を見据えた。188僂糧木澤龍翔、187僂寮洩醂亀韻鮹羶瓦縫薀ぅ鵐▲Ε箸楼堕蠅靴討り、CTB土居大吾、柳田翔吾は攻守に力強いプレーを続けている。多彩な攻め手を持つだけに、大阪桐蔭のアタックをいかに封じるかが勝利の鍵だろう。

お知らせ

J SPORTSオンデマンドで
ラグビー 全国大学選手権3回戦から決勝まで配信!

●ラグビーパック:月額1,800円(税抜)
●25歳以下の方は、U25割で月額900円(税抜)
※総合パックでもご視聴いただけます。
≫詳しくはこちら
★大学ラグビー特集ページはこちら

スカパー!×J SPORTS J SPORTS オンラインショップ