◆饒舌にマスコミ対応する山川、言葉少なの岡本。スランプの裏で起きていたこととは

今大会では、侍ジャパンの「新・4番」として招集された2人の大砲がいる。47本塁打で本塁打王となった山川穂高(西武)と、史上最年少22歳にして、3割30本100打点を記録した岡本和真(巨人)だ。

だが、メジャー投手陣の独特の動くボールや、力のあるボールになかなか対応できずに苦しんでいた。

対照的にシーズン中と変わらぬ打棒を奮っていたのが、柳田悠岐(ソフトバンク)だ。

初戦にバックスクリーンへの逆転サヨナラ2ランを放った衝撃から、相手MLB選抜チームも徹底マークをしたものの、好調は止まらない。メジャー首脳陣や選手らも手放しで褒め称えていた。

そうしたなか、山川は苦しみながらも、普段どおりに快活にメディアに対応していた。不調の要因と改善案を尋ねると、身振りを交えて語った。

「普段、自分はこうフラットスイングしているんですが、それじゃ打ち損じる。柳田さん、見てたらわかるじゃないですか。ああいう(アッパースイングの)イメージで修正してます」。

「もちろん、シーズン中はしないこと。でも、ここでは結果を出さないといけない。初めての試みですが、結果にこだわりたいので」。

一方、メディアにあまり多くを語らなかった岡本も動き出す…。カメラが捉えた、はにかんだ笑顔や若き主砲2人のやり取りもみどころだ。

ちなみに個人的には山川が気合いを入れるために、ある選手にビンタをお願いするというシーンがとても好きだ。

「チームの雰囲気」を重視した稲葉監督らしい、エネルギーに満ちた結束が伝わる。ベテランも若手も、それぞれの好不調も、全員が「この決戦で結果を出す」というベクトルのもと、切磋琢磨する姿がそこにあった。

◆「結束!侍ジャパン #43」
・12月31日(月)午後7:00〜午後7:30 J SPORTS 1で初回放送
※日本で開催されたJAPAN ALL STAR SERIES「2018日米野球」を特集

photo

松山 ようこ
フリーランス翻訳者・ライター。スポーツやエンターテイメント関連コンテンツの字幕翻訳をはじめ、Webコンテンツ、関連ニュース、企業資料などの翻訳や制作を請け負う。J SPORTSでは、主にMLBや侍ジャパンのほか、2015シーズンより楽天イーグルスを取材し、コラムやインタビュー記事を担当。野球の他にも、幅広くスポーツ選手はじめ著名人を取材。ツイッターyokobooboo

お知らせ

スカパー!×J SPORTS J SPORTS オンラインショップ