前回は今季限りで引退した選手を紹介したが、今回は今年この世を去った元選手たちの中からこの5人を取り上げたい。

レッド・シェーンディーンスト 6月6日没 享年95歳

19年間の現役生活(主として二塁手)を始め、監督、コーチ、特別アドバイザー等で合計72年間もメジャーリーグ組織で過ごした生涯野球小僧で、うち67年間はカージナルスだった。

選手としてはルーキーイヤーの1945年に盗塁王(26個)、脂の乗り切った1957年には最多安打(200本)を記録し、球宴には10度選出された。また、監督、コーチとしても世界一になっており、メジャーでは比較的稀有な選手・指導者両方で成功した例だ。

実質的な指導者としてのキャリアは、1995年に72歳でカージナルスのコーチ職を辞した時点で終了している。しかし、その後もなんと94歳になる2017年まで、フランチャイズヒーローとしての人気と人柄を買われ、特別アドバイザーとして永久欠番「2」のユニフォームを着て試合前の練習に参加した。スタン・ミュージアルの時代から現代に至るまでのカージナルスのチアリーダーだったのだ。ぼくも、2011年にセントルイスを訪れた際にはご挨拶をさせていただいた。握手すると、とてもやわらかい手だった。

漫画「巨人の星」にカージナルスの架空の強打者アームストロング・オズマの師匠として登場したのは、肖像権が問われなかった古き良き時代ならではだ。

1989年殿堂入り。

お知らせ

\J SPORTSオンデマンドで!/
ガンバレ日本プロ野球!? リターンズ 18/19を先行配信! NPBプロ野球12球団ジュニアトーナメントも先行LIVE配信!


●野球パック:月額1,800円(税抜)
●25歳以下の方は、U25割で月額900円(税抜)
※総合パックでもご視聴いただけます。

≫詳しくはこちら

スカパー!×J SPORTS J SPORTS オンラインショップ