勝利を喜ぶ昭和学院の選手たち

勝利を喜ぶ昭和学院の選手たち

ウインターカップ2018第71回全国高校バスケットボール選手権大会は、26日に第4日を行い、女子の昭和学院(千葉)は75−73で桜花学園(インターハイ優勝)を破って3年ぶりの4強進出を果たした。最後まで勝敗が分からない激闘だった。昭和学院は残り1分でガードの星杏璃(3年)がドライブから得点して75−70とし、次の攻撃ターンではショットクロックを無視してパスを回して、相手の攻撃時間を減らした。しかし、桜花学園は残り10秒で岡本美優(3年)が3ポイントを決めて2点差まで追い上げ、意地を見せた。最後は、桜花学園の江村優有(1年)が強引にロングシュートを放ったが入らず、勝敗が決した。

勝った昭和学院は、2015年に4強入りしているが、当時は、赤穂ひまわり(デンソー)という世代屈指の選手がチームを引っ張っていた。今年は、指導者、選手ともに「スターがいない」と認める集団だが、どこからでも得点を狙える。中でも、ポイントガードの星とフォワードの大竹優香子(3年)が主軸と言える存在だが、この日は2人だけでなく、いわば「脇役」の健闘が目立った。

まず、序盤から増田泉美(2年)、三田七南(1年)がインサイドでしっかりと戦い、相手の留学生を前半で3ファウルに追い込んだ。三田は「最初から、逃げないプレーをするように先生に言われていた。増田さんと『相手の15番がファウルアウトになるくらいに行こう』と話をして、相手をかわすのではなく、かわさないでファウルをもらいに行こうと思ってやっていた」と明かした。

お知らせ

Bリーグ見るならスカパー !のBリーグセット

スカパー!×J SPORTS J SPORTS オンラインショップ