和田蓮太郎選手

和田蓮太郎選手

開志国際が2度目の出場でつかんだインターハイの頂点は、和田蓮太郎のステップアップによるところが大きい。準決勝の明成戦で16点、6リバウンド、10アシスト。決勝の中部大第一戦ではチーム最多となる18点、11リバウンドを記録していた。

197cmというサイズに機動力を持ち合わせ、サウスポーのシューターとしても能力を発揮できる選手として、和田は将来を嘱望されている。今年の春にはU18代表候補メンバーとして、ドイツで行われたアルベルト・シュバイツァー・トーナメントに出場した経歴を持つ。しかし、消極的になるといったメンタルの部分が課題ということもあり、富樫英樹コーチからはチームのだれよりも怒られていた。インターハイの準決勝と決勝で見せたパフォーマンスは、その課題のクリアと新たな進化への一歩を踏み出したと思いたくなるものだった。

富樫コーチがインターハイ制覇を成し遂げた後、和田について「盆とクリスマスと正月が同時に来た」という表現。それは一過性のものであって、次につながる成果と感じられない指揮官の思いだったのかもしれない。

お知らせ

Bリーグ見るならスカパー !のBリーグセット

スカパー!×J SPORTS J SPORTS オンラインショップ