帝京長岡 No.11 神田龍一選手

帝京長岡 No.11 神田龍一選手

散々、相手のシュートに苦しめられたが、外れた球は渡さなかった。ウインターカップ2018第71回全国高校バスケットボール選手権大会は、26日に第4日を行い、男子の帝京長岡(新潟)は延長戦の末に85−77で八王子学園八王子(東京)を下して準々決勝に進出した。

ともに死力を尽くした勝負だった。帝京長岡は、197センチの長身を誇るケイタ カンディオウラ(3年)がゴール下で存在感を示して得点。八王子学園八王子は、木村圭吾(3年)と鴇田風真(3年)のダブルエースがチームをけん引した。前半は帝京長岡のペースだったが、後半は八王子学園八王子がばん回。第4ピリオドの終盤、八王子学園八王子が2点リードで残り時間1分を切ったが、帝京長岡はケイタがシュートを決め、バスケットカウントを獲得。フリースローも決めて1点リードと逆転。さらにケイタがファウルを獲得してフリースローを1本決め、残り23秒7で2点のリードとした。しかし、八王子学園八王子は、ボールを託された木村が相手にマークされながらも残り3秒2でタフショットをねじ込んだ。すでに試合を終えてコート脇で見ていた別チームの選手も思わず「ヤバイ」と声を漏らした気迫あふれるプレーで、同点。試合は、72−72でオーバータイム(延長戦)に突入した。

お知らせ

Bリーグ見るならスカパー !のBリーグセット

スカパー!×J SPORTS J SPORTS オンラインショップ