こうした状況は、かつてユナイテッドでプレーした男たちにも支持されている。エリック・カントナ、ペーター・シュマイケル、さらにデイビッド・ベッカムやポール・スコールズまでもが、新体制に全面的なサポートを確約したという。彼らの熱量はモウリーニョ体制下、いや、デイビッド・モイーズ、ルイ・ファンハールが率いていた当時も感じられなかったレベルに達している。

やはりスールシャールは期待されているのだろう。あるいは鳥肌が立つほどの危機感に、OBの魂が揺さぶられたのか……。モウリーニョ解任からわずか一週間、ユナイテッドは劇的に変わろうとしている。

photo

粕谷 秀樹
月刊ワールドサッカーダイジェスト初代編集長を務めた。海外サッカーの解説者としても活躍。

お知らせ

世界最高峰リーグ イングランド プレミアリーグ!

J SPORTSでは18/19シーズンも注目試合を毎節5試合お届けします。
試合中継から関連番組までJ SPORTSでお楽しみください。


»特集ページはこちら
»お申し込みはこちら

スカパー!×J SPORTS J SPORTS オンラインショップ