今年も残すところ数日。「2019年のさようなら」を2回に分けてお届けしたい。まずは、引退選手編だ。今季限りでのフィールドを去った数多くの選手の中から、以下の4人のそれぞれの引退を紹介したい。

ジョー・マウアー (ツインズ)

地元球団にドラフト全体1位指名で入団し、期待通りスターに成長。15年のキャリアを移籍なく全うした生粋のフランチャイズプレーヤーだった。成績的には余力を残しての35歳での引退だった。

8年契約が満了する今季限りでの引退が噂される中、最終戦で9回に1球のみだが、2013年以来の捕手を務めた。11月に公式に引退メッセージを発表した。その後、背番号7は欠番となることが決まった。

早い引退の要因は契約の満了だけではない。2013年のファウルチップによる脳震盪の後遺症に悩まされた。今季5月にはファウルフライを追っての衝突で再び悪化。これが引き金となった。

稀代の打てる名捕手だった。長いメジャーの歴史でも首位打者3回は捕手としては彼のみ。MVPに選出された2009年には、いわゆるスラッシュライン(打率/出塁率/長打率)での三冠王に輝いたが、これも捕手としては史上ただ1人だ。ただし本塁打は少ない。高い位置での大きなフォロースルーを持つため、2ケタ本塁打6度のみは意外だった。

キャリア最終の5年間となる2014年以降は、脳震盪の再発を避けるため一塁手として出場した。しかし、長打には欠けるため、一塁手としては2300万ドルの年俸に対し物足りなさは拭えなかった。

スモールマーケット球団のツインズにとって、2010年3月にマウアーと翌年からの8年契約を結んだのは大きな転機となった。同年にオープンするターゲット・フィールドによる増収効果に賭けた乾坤一擲の判断だったが、その後マウアーはやや精彩を欠き、新球場効果が薄れると客足も遠のいた。一方で、マウアーの高年俸が足かせになり補強もままならなかった。良くも悪くも、球団の盛衰に大きな影響を与えたプレーヤーだったのだ。

お知らせ

\J SPORTSオンデマンドで!/
ガンバレ日本プロ野球!? リターンズ 18/19を先行配信! NPBプロ野球12球団ジュニアトーナメントも先行LIVE配信!


●野球パック:月額1,800円(税抜)
●25歳以下の方は、U25割で月額900円(税抜)
※総合パックでもご視聴いただけます。

≫詳しくはこちら

スカパー!×J SPORTS J SPORTS オンラインショップ